FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

玄関開けたら、の巻

 ここだけの話だが、ドラえもん・零式は慶次の装備にGPS発信機を埋め込んでいる。

      _____
    / -、 -、   \
   /   |  ・|・  | 、    \
  / / `-●-′ \    ヽ  
  |/ ── |  ──   ヽ   |  
  |. ── |  ──    |   |  
  | ── |  ──     |   l
  ヽ (__|____  / /
   \           / /
    l━━(零)━━━━┥

ドラえもん・零式「玄関開けたら二分でご飯♪ 玄関開けたら二分でご飯♪」

 もちろん慶次には内緒だ。そんな物を付けられて喜ぶ人間などいないからだ。しかしドラえもん・零式にとっては、どうしても慶次の装備にGPS発信機を埋め込む必要があった。

ドラえもん・零式「・・・どうやら、もうすぐ帰ってくるようだ」

 そうひとりごちると、ドラえもん・零式は右腕をぐるぐると回しはじめた。場所は、慶次宅玄関の上り框。このような場所で、慶次を待ち構えて一体何をしようというのだろうか。

ドラえもん・零式「玄関開けたら二分でご飯♪ 玄関開けたら二分でご飯♪」

 このフレーズも一昔流行ったものだが、何故、彼は今さらこのフレーズを口ずさんでいるのか。仕事でクタクタになった慶次に、レンジでチンしたサトウのご飯を、そんなに食わせたいというのか。

ドラえもん・零式「・・・来たな。玄関開けたら」

 引き戸の取っ手に手がかかる音が聞こえた。その瞬間、ドラえもん・零式は気配を殺し、集中力を極限まで高めた。

斜メ前田慶次「・・・ああくそ、だりいわー」

 心底だるそうな顔をした慶次が引き戸を開き、姿を現した瞬間・・・ドラえもん・零式は跳んだ。そして渾身の力を込めた右掌底を慶次の左頬に思い切りぶち込んだのであった。「バズンッ」という鈍い音が玄関内に響いた。

斜メ前田慶次「・・・ごぶぇっ!!」

 予想だにしなかったこのドラえもん・零式の奇襲に、慶次は為すすべなく再び外へとぶっ飛ばされることとなった。

斜メ前田慶次「・・・がはぁっ!!」

 受け身を取ることも忘れ、背中から地面へ倒れ込んだ慶次はしばらくの間、立ち上がることができなかった。そしてその様子を何故か終始無表情で見下ろすドラえもん・零式。

      _____
    / -、 -、   \
   /   |  ・|・  | 、    \
  / / `-●-′ \    ヽ  
  |/ ── |  ──   ヽ   |  
  |. ── |  ──    |   |  
  | ── |  ──     |   l
  ヽ (__|____  / /
   \           / /
    l━━(零)━━━━┥

ドラえもん・零式「・・・・・・」

 この猫型ロボットの身体に流れる血は一体何色なのか。何故、このようなことを平気で行うことができるのか。

斜メ前田慶次「・・・くっ・・・ハアッ・・・ハアッ・・・!」

 殴られた左頬を手で押さえながら、憎悪に満ちた目で自身を見つめる慶次の姿を確認したドラえもん・零式は、

ドラえもん・零式「・・・さて、引き続き夕飯の支度にとりかかるとするかな」

 まるで何事もなかったかのように引き戸をゆっくりと閉め、リビングルームへ向けて歩き始めたのであった。

斜メ前田慶次「・・・ちょっ! 待てコラァッ!!」

 今さっき、ゆっくりと閉じられた引き戸を乱暴に開き、中へ向けて怒声を浴びせる慶次。無理もない。帰った瞬間にぶん殴られれば誰でもこうなるだろう。

ドラえもん・零式「やあ、おかえり。今日も遅かったね」
斜メ前田慶次「おかえり、じゃねえだろう! 何だ今のビンタは!!」
ドラえもん・零式「・・・え?」
斜メ前田慶次「今のビンタは何だってんだよ!!」
ドラえもん・零式「何って・・・”玄関開けたら二秒でビンタ”じゃないか。何を今さら・・・」
斜メ前田慶次「げ、玄関開けたら二秒でビンタ、だと!?」

 ドラえもん・零式の語るところによると・・・22世紀の、特に若い夫婦の間で浸透しつつある習慣で、夫が帰宅した際に、玄関先で妻が夫に強烈なビンタをかますのだそうである。

 何故ビンタなのかというと、「お仕事お疲れ様♪ ここで頭を切り替えて、今夜は私をかわいがってね」とアピールする意味があるのだそうだ。習慣と言うよりは儀式に近い、とも言える。とある若妻などは「毎晩、旦那にビンタかましてます♪ そのためにジムに通って身体を鍛えてます(笑)」と、街頭のインタビューに答えるほどらしい。

ドラえもん・零式「ちなみに僕がこれをやるのは・・・僕が君を家族として認めている証拠ってことさ」
斜メ前田慶次「だから! 何回も言ってるだろ! こういうのはいきなりやんなって! 何でわかんねえんだよ!!」
ドラえもん・零式「いやぁ、てっきり以前にもやったことがあって、了承を得たものとばかり思い込んでいたよ」
斜メ前田慶次「誰が許可するか、こんなもん! 何で家に帰った瞬間、ぶん殴られなきゃなんねえんだよ! 頭おかしいんじゃねえのか!」
ドラえもん・零式「・・・今、何て言った?」
斜メ前田慶次「頭おかしいんじゃねえのか、って言ったんだよ!」
ドラえもん・零式「・・・慶次君、それはない! それはないぞ! 今の発言、それは22世紀の文化・習俗を否定するということだ! いくら慶次君でも許さないぞ!」
斜メ前田慶次「何でテメエがキレてんだよ! キレてえのはこっちの方だ!」
ドラえもん・零式「今すぐ謝れ! 謝るんだァーーーーッ!」
斜メ前田慶次「テメエが謝れ、コラッ!!」

 ・・・その後間もなくこの二人は掴み合いに発展し、罵声を浴びせ合い引っ掻き合った挙げ句、いつもどおり寝技と関節技の応酬となり、汗だくになって床を転げ回ることになるわけですが・・・皆さま長い間、ご無沙汰しておりました。ここ最近、ちょっとログインする余裕ができまして、ちょろちょろログインしています。


2015122601.jpg

 まさかの術実装・・・。これ、威力とウェイトの覚醒をマックスにしたら主砲技能にできそうですね。何しろスカがないし。


2015122602.jpg

 そして現在、織田家と敵対しているのは斎藤家と北条家のようです。前田慶次打倒の夢を追うためには、武田家からの移籍も検討しなければならないようです。さて、どちらにするか・・・それでは今日の日記はこの辺で。
スポンサーサイト
Date: 2015.12.26
Category: 信on休止中
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール
信長の野望online真紅武田家で活動中 &相互リンク・無断リンク募集中です。

斜メ前田慶次

Author:斜メ前田慶次

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。