FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

今度こそさようなら、ドラえもん・零式の巻 其の伍

ドラえもん・零式「・・・タイムパトロール蝶野を振り切った、僕の脚をナメるなよ!」
警護「待てい!」

 自身に伸ばされた警護の右手をすんでのところでかわし、正門へ向けて疾走を開始するドラえもん・零式であったが・・・

ドラえもん・零式「・・・しまった! 囲まれた!」

 警護たちとて素人ではない。逃走を防ぐための訓練ならば常日頃から積んでいる。瞬く間に退路を断たれたドラえもん・零式が身柄を拘束されるのにそう時間は掛からなかった。

警護「大人しくせんか!」
ドラえもん・零式「・・・放せ! 放せェ~ッ!」
警護「・・・倒せ、倒せ! 倒したら押さえよ! こやつ蹴ってくるぞ! そこには立つな、横に回れ!」
ドラえもん・零式「人権侵害だ! おかしい! こんなのおかしいぞ! 僕は民事訴訟の原告なんだ、僕が死刑だなんておかしい!」
警護「ええい、早く押さえよ! 早く! ・・・痛ッ! こやつ引っ掻きよった!」
ドラえもん・零式「僕は無罪! 僕は無罪だ! 武田家所属のプレイヤーの皆さん、シュプレヒコールを! どうかお願いします! シュプレヒコールの波をーッ!!」



『世情 腐ったミカンの方程式』

 散々もがき、喚き散らしたドラえもん・零式だったが、とうとう複数人の警護により地面に組み敷かれてしまった。平成の世の常識で考えればあり得ないことなのだが、ここはあくまで戦国の世。そういった世情なのだから仕方がないのだ。

小岡越前守忠相「・・・引っ立てい! 刑はただちに執行する!」

 今まさにドラえもん・零式が縄を打たれんとしたその時・・・その場にいた全員にとって想像を絶する事態が起こった。

「・・・きゃあ~っ!」

 傍聴人の一人である町娘が心底怯えた悲鳴を上げたその刹那、

警護「・・・ぐあっ!」

 警護の身体が反りかえり、やがて泡を吹いて倒れたのであった。そしてその異変は小岡の身にも及んでいた。

小岡越前守忠相「こ、これは・・・!? か、身体が・・・痺れて・・・! 一体、何が?」 
斜メ前田慶次「・・・ハアッ・・・ハアッ・・・!」
小岡越前守忠相「・・・な、斜メ前田様!? 斜メ前田様!」 

 突如起こった怪奇現象によって慶次が負傷したと覚った小岡は、慌てて武田家家老・斜メ前田慶次を守る命令を下した。

小岡越前守忠相「皆の者、ご家老の身を守れ!」
斜メ前田慶次「・・・そ・・・その必要は・・・ねえ・・・ハアッ・・・ハアッ・・・!」
小岡越前守忠相「・・・し、しかし!」
斜メ前田慶次「・・・邪魔ぁ・・・すんなってんだ・・・! 俺ぁ・・・ただ・・・!」
小岡越前守忠相「・・・!?」
斜メ前田慶次「・・・無性に・・・ムラムラしちまっただけなんだからよ・・・!」
町娘「・・・嫌ぁ~っ!」

 甲府南町奉行・小岡は目を疑った。自身が守ろうとした男が、こともあろうに白洲で下半身を露出し、自家発電を始めていたのだ。乱れた息遣いの原因はまさにこれであった。負傷などではなかったのだ。

町娘「・・・誰か! 誰か! このおじさん、変なんです!」
斜メ前田慶次「こ~んなになっちゃったよ~」
町娘「・・・ちょっ!」

 間近で慶次の自家発電を見せつけられているにも関わらず、この娘が感電の被害に遭わないのは何故か。たまたま金属を一切身に帯びていなかったこともあるが、体質やその日の体調にもよるらしい。ともかく町娘は電気によるショックは受けなかった。受けたとすれば、精神的なショックだろうか。

小岡越前守忠相「・・・うぐぁっ!」

 帯刀している小岡以下奉行所の面々は皆、感電により意識を失っていった。強制的に地面にうつ伏せにされていたドラえもん・零式についてはどうかというと、町娘と同じく感電の被害を免れていた。逃げるとするなら、この機会しかない。

ドラえもん・零式「・・・慶次君・・・!」
斜メ前田慶次「見てんじゃねえよ」

 茫然と立ち尽くすドラえもん・零式に、慶次はただ目だけで促した。「行け」と言っているのだ。



『あまちゃん 希求』

ドラえもん・零式「・・・慶次君・・・ひょっとして君は僕を・・・逃が・・・!?」
斜メ前田慶次「・・・馬鹿野郎! 感電してえのか! ハアッ・・・ハアッ・・・!」
ドラえもん・零式「いや・・・」
斜メ前田慶次「お、俺はただ・・・お前が組み伏せられている姿に・・・興奮しただけだ! ハアッ・・・ハアッ・・・!」
ドラえもん・零式「どんな趣味だよ」
斜メ前田慶次「俺はまだ手を止めねえ・・・! モタモタしてると、感電するぞ、馬鹿野郎!」
ドラえもん・零式「・・・そんなに、馬鹿野郎、馬鹿野郎って言わないでくれよ・・・」
斜メ前田慶次「馬鹿だから馬鹿だって言ってんだ! ボサッと立ってんじゃねえ! 馬鹿野郎!」
ドラえもん・零式「・・・慶次君・・・」
斜メ前田慶次「うっ・・・やべっ・・・イキそ・・・!」

 慶次が白目を剥いた瞬間、弾かれたようにドラえもん・零式は駆け出した。自家発電が終わり皆の意識が戻れば、奉行所から逃走することは不可能になってしまうからだ。このまま無事に他国へ逃れることができれば、もう二度と慶次と会うことはないだろう。謝罪と感謝の言葉を伝えられなかったことを、ドラえもん・零式は激しく悔やんだ。両眼から溢れ出る涙を手で拭うことも忘れ、ドラえもん・零式は走った。ひたすらに走った。

斜メ前田慶次「・・・行ったか・・・それでいい・・・! じゃあ俺も・・・そろそろイクぞ・・・ドラ・・・達者でな・・・!」

 突如起こった数度の縦揺れに足を取られかけたが、ドラえもん・零式はなおも走り続けた。

続く
スポンサーサイト
Date: 2015.09.14
Category: 信on休止中
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール
信長の野望online真紅武田家で活動中 &相互リンク・無断リンク募集中です。

斜メ前田慶次

Author:斜メ前田慶次

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。