FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

モンハンですかの巻

 この日の朝。ドラえもん・零式がいつものように朝食の膳を慶次の部屋へ運んだところ、何と慶次が布団から出ていない。
      _____
    / -、 -、   \
   /   |  ・|・  | 、    \
  / / `-●-′ \    ヽ    
  |/ ── |  ──   ヽ   |  
  |. ── |  ──    |   |  
  | ── |  ──     |   l
  ヽ (__|____  / /
   \           / /
    l━━(零)━━━━┥

ドラえもん・零式「・・・やれやれ、だらしがないね。もうとっくに朝だってのに」
斜メ前田慶次「・・・・・・」
ドラえもん・零式「ほら、朝食を持って来たよ。早く起きたまえ」
斜メ前田慶次「・・・・・・」
ドラえもん・零式「味噌汁が冷めてしまうよ。ほら、早く」
斜メ前田慶次「・・・・・・」

 慶次の様子がおかしいことにドラえもん・零式が気が付いたのは、それから間もなくのことであった。

ドラえもん・零式「・・・慶次君?」
斜メ前田慶次「・・・ハアッ・・・ハアッ・・・」
ドラえもん・零式「慶次君、ひょっとして具合が悪いのかい? 慶次君?」
斜メ前田慶次「・・・・・・」

 慌てて慶次の枕元に駆け寄り、慶次の顔を覗き込んだところで、ドラえもん・零式は仰天した。何と慶次の顔が半透明になっており、まるで瘧のように全身がガクガク震えていたのであった。意識があるのかどうかは定かではないが、もはや会話ができる状態ではなかった。

ドラえもん・零式「・・・慶次君、しっかりしろ! 今、今、医者を呼んでくるから! しっかりするんだァーッ!」

 半ベソをかきながら大慌てでかかりつけの医者を呼んできたドラえもん・零式であったが、事態はさらに深刻さを増すこととなった。

2014072801.jpg

医者「こ、これは・・・!」
斜メ前田慶次「・・・モン・・・ハン・・・モン・・・ハン・・・」
ドラえもん・零式「どうなんですか? 慶次君の容体は!?」
医者「まことに申しあげにくいのですが・・・これはおそらく紋斑病・・・」
ドラえもん・零式「モ・・・モンハン・・・病!?」
斜メ前田慶次「・・・モン・・・ハン・・・カプ・・・コーン・・・」
医者「高熱、悪寒、震え、発汗、全身筋肉痛、関節痛、意識混濁などの諸症状の他に、紋斑病患者特有の・・・」
ドラえもん・零式「・・・・・・」
医者「全身が半透明になり存在感がなくなることと、うわごとが”モンハン”であることが何よりの証拠」
ドラえもん・零式「治療法はあるんですか!? 慶次君は治るんですか?」
医者「残念ながら、この病に治療法はありませぬ・・・本人の気力次第としか」
ドラえもん・零式「そ・・・そんな・・・!」
斜メ前田慶次「・・・モン・・・ハン・・・フォー・・・ジー・・・」

 紋斑病とはプレイヤーキャラクターのみが罹患する死病であり、症状及び治療法については医者が述べたとおりである。死亡率が高く、生還した患者は少ないと言われている。他にも似た症状を伴う死病として穢腐穢腐(エフエフ)病、ドラクエ・ウイルス感染症なども報告されているらしいが、真相は定かではない。何しろ文献が全く残されていないためだ。興味のある方はぜひ、戦国時代の感染症について調査していただきたい。

ドラえもん・零式「・・・死ぬなァーッ! 慶次君! しっかりしろ! しっかりするんだ!」
医者「落ち着いて下され・・・患者を刺激してはなりませぬ」
ドラえもん・零式「き、君が死んだら! 君が死んだら、誰が僕を食わせてくれるんだ! 誰が僕を・・・!」
医者「お静かに! 病に障りますぞ!」
ドラえもん・零式「僕は君がいないと、生きていけないんだぞ! 死ぬな! 死ぬな慶次君!」

 それから慶次とドラえもん・零式の二人による、懸命の闘病生活が始まった。もっとも治療法が存在しないため、対症療法のみの治療を続けるしかなかったのだが・・・日に日に衰弱していく慶次がある日、ドラえもん・零式に一枚の紙を手渡した。

ドラえもん・零式「慶次君・・・これは・・・!?」
斜メ前田慶次「もし・・・俺がくたばったときには・・・この紙に記されてあるプレイヤーを頼れ・・・事情は知っている人たちだモンハン」

 紋斑病患者は症状が進むと、無意識のうちに語尾に「モンハン」をつけると言われている。

斜メ前田慶次「上から順に訪ねていけ・・・いいか・・・決して失礼のないようにな・・・もし面倒を見てくれる人がいたら・・・そこで達者に暮らすんだモンハン」
ドラえもん・零式「・・・そんなこと言うな! 生きろ! 生きるんだ!」
斜メ前田慶次「残念ながら、前田慶次を倒すことはできなんだか・・・それだけが唯一の心残りだモンハン・・・」
ドラえもん・零式「・・・病気を治して! 病気を治して合戦場に行くんだ! まだ、まだ諦めてはいけない! 諦めるな!」
斜メ前田慶次「帰れるといいな・・・22世紀によ・・・あの世から・・・祈ってるぜモンハン・・・」

 数日後、さらに容体が悪化した慶次のためにドラえもん・零式が親族・知人を呼び寄せる手配をしたところ、何と訪れた者は一人もいなかった。

ドラえもん・零式「君・・・どんだけ人望ないんだよ」
斜メ前田慶次「・・・・・・」
ドラえもん・零式「死にかかってても誰も来ないって、ある意味すごいよ」
斜メ前田慶次「・・・・・・」
ドラえもん・零式「この紙に記されてあるプレイヤーも、果たして信用できるんだろうか・・・ハア・・・参ったなあ・・・」

 それから数日後、奇跡的に回復した慶次は不機嫌そうに槍を携え、安土へ向けて出発したという。

 ・・・さて、慶次はどうにか紋斑病から生還しましたが・・・リアルでは細君が紋斑病にかかっています(;´Д`) 「一緒にモンハンやんない?」と訊かれたので、とりあえず「信オンが難しくてできないなら、たぶんモンハンもできないよ」と返答しておきましたが・・・恐るべしモンハン・ウイルス。リアルの職場で蔓延しています。それでは今日の日記はこの辺で。
スポンサーサイト
Date: 2014.07.28
Category: 信on
Comments (2)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

鏡花の核弾頭

Date2014.07.29 (火) 07:06:02

久々の記事ですな。お待ちしてましたw

モンハン病が蔓延してますか…私も以前ファミレスで四人の若者が会話もせず小型ゲーム機に夢中になってるのを見たことがあります。おそらくモンハン病でしょうなモンハン♪

「ハッ」Σ(゜Д゜)

「………」

実は私もモンハン病にかかっております…
「カプコン型」ではなく「エンターライズ型」ですが…
※エンターライズとはカプコンの子会社でカプコンのゲームをパチンコ化している会社

パチスロモンハン月下雷鳴おもしろいんですよねw
慶次さんも食わず嫌いせず狩りに行ってみては?w細君に「深夜の剥ぎ取りチャレンジ」をしてみては?( ^∀^)ヒヒヒ

斜メ前田慶次

Date2014.08.04 (月) 18:22:33

こんばんは、斜メ前田慶次の中の人です。
コメントありがとうございます。
返信が遅くなりすみません・・・

今はモンハンに手を出すどころではないほど、
リアルの職場のほうから追い詰められています(;´Д`)
何しろ、休みをくれないので(笑)
慶次がモンハン病を克服したのも、たぶんそのへんが理由ですね。
とりあえず今は、巻き込み狩りを延々続けるだけでもいいので、
信オンにログインしたいのが正直なところですm( _ __)m

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール
信長の野望online真紅武田家で活動中 &相互リンク・無断リンク募集中です。

斜メ前田慶次

Author:斜メ前田慶次

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。