スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

昨日の敵は今日の友の巻・其の拾六

斜メ前田慶次「”天下無双の朱槍を伴に、斜メ前田慶次が岡崎見物に参ってそうろう~!”と叫ぶんだ。良いな」

 ここで拾丸が口を挟んだ。奇しくもその台詞は、四年前とほぼ同じであった。

拾丸「今さらですかい。確か仕官して4ヶ月は経っているような」
斜メ前田慶次「細けえことはいいんだよ」
百道安「・・・おい、待て。頼むからこれ以上・・・」
斜メ前田慶次「言うとおりにしなけりゃ、何度でもやらせるからな。回復を待って、何度でもやらせるからな」

 もし決められた台詞を言わなかったり、タイミングを誤ったりしたら、何度でもやり直させると慶次は言っている。道安は絶対に失敗できなくなった。これ以上ない生き恥をさらにかかなければならなくなるからだ。

百道安「・・・・・・」
斜メ前田慶次「なあに。一回で成功させりゃあいいだけの話だ」
百道安「・・・・・・」
斜メ前田慶次「自信を持て。お前ならできる。春日山のときも見事成功させたじゃねえか」

 道安は返事をせず、黙々と帯を解き、とうとう衆目の前にイチモツを露出させた。もはや抵抗する気力すらなくなっていたのだ。このとき群衆からは歓声やため息、笑い声、悲鳴など様々な音が漏れたが、道安の耳にはほぼ入っていなかった。イチモツを露出させた瞬間のことを、後に道安はこう語った。

百道安「何というか、全てを諦めて、感情・感覚が全くのフラットになっていて・・・何も目に入ってこなかったし、何も耳に入ってこなかった。こんなことは、今までの人生になかった。今でも不思議に思っている」

 また、岡崎に生まれ、岡崎の町家で何不自由なく育った、花盛りのある町娘は後にこう語っている。

町娘「あの人が下帯を外した瞬間に目を閉じたので、覚えてません。ですので、どんな気分だったなんて聞かれても・・・え!? 見てないです、本当に。ちょっとも見てないです。本当ですって。嘘なんかついてないですってば! ・・・え!? ですから! 気分なんて訊かれても困ります! 本当しつこいですね!」

 ・・・そして四半刻後。岡崎の群衆が見守る中、その瞬間はとうとう訪れた。

百道安「ハアッ・・・ハアッ・・・て・・・天下無双の朱槍を伴に・・・!」
斜メ前田慶次「・・・む! いよいよくるか!」
百道安「な・・・斜メ前田慶次が岡崎見物に参ってそうっ・・・ろっ・・・! ビクンビクン」

 道安は慶次の指図どおり、見事に果ててみせたのであった。

百道安「・・・ふっ・・・ふっ・・・ふううっ・・・」
斜メ前田慶次「・・・おい拾丸、こいつ本当にやり遂げやがったぞ・・・」
拾丸「あっしならまず起ちません・・・しかも春日山に続き、二回とも一発で成功させるとは・・・ある意味、脱帽ものです」
斜メ前田慶次「さすがに今回こそは途中で止めて、ひょうげ舞いをさせて勘弁してやろうかと思ってはいたんだが」
拾丸「!?」
斜メ前田慶次「あまりに一生懸命やるもんだから、つい、な・・・」
拾丸「以前にも言いましたけど、止めるなら早く止めてあげないと。あっしには、こいつにかけてやる言葉が見つかりません・・・」
斜メ前田慶次「馬鹿野郎、俺らが生きているのは何時代だと思っているんだ」
拾丸「へ!? そりゃ、言うまでもなく・・・」
斜メ前田慶次「だろう? だったら台詞はこれしかねえ。おい、道安」

 放心状態になっている道安の肩に優しく手をかけると、こう言ったものだ。

斜メ前田慶次「お見事です^^」

 その後、我に返った道安は泣いた。ひたすら泣いた。イチモツを隠すのも忘れ、ただひたすら泣き続けた。群衆が散開した後でも涙は止まらなかった。慶次と拾丸は動こうとしない道安をどうして良いかわからず、ひたすらもて余すこととなってしまった。

斜メ前田慶次「参ったな。このまま放って帰ってもいいんだが・・・」
拾丸「・・・え!? 今、放って帰ると仰いましたか!?」
斜メ前田慶次「こいつは俺の指示どおりに動いた。だから命だけは助けなきゃならねえ。こいつと約束したんだ」
拾丸「解放したら、またこいつは悪事を働きますよ! また罪のない人が大勢苦しむことになりますよ!」
斜メ前田慶次「とはいえ、斬ることはできん。困ったな。拾丸、何か良い知恵はないか」
拾丸「ここで提案なんですが・・・こいつを家臣に加えるってのはどうでしょう?」
斜メ前田慶次「お前は何を言っているんだ」
拾丸「あっしらが目を光らせている限り、こいつは悪事を働くことはできません」
斜メ前田慶次「こいつは百道安だぞ! こんな奴を家臣にだと!? 正気で言っているのか!?」
拾丸「こいつの犯罪被害者が多く生まれたのは、旦那がこいつを放っておいたからです。旦那にも責任の一端はあります」
斜メ前田慶次「・・・おいおい! 勘弁してくれよ!」
拾丸「こいつを更生させ、罪を償わせることは、旦那の義務です。いいですね」

 ・・・というわけで。

2017011901.jpg

 とりあえず家臣にしてみました。予定としては鎧鍛冶にするつもりです。いずれその汚れた手で、皆さんの装備を簡易修理することになるでしょう。それでは今日はこのへんで。
スポンサーサイト
Date: 2017.01.19
Category: 信on休止中
Comments (0)Trackbacks (0)

昨日の敵は今日の友の巻・其の拾伍

百道安「わ・・・わかった! す・・・する!!」

 もはやどうにもならぬと理解したか、道安はようやく袴の帯に手をかけた。

斜メ前田慶次「帯を解きながらで良い。見よ、道安」

 言われるがまま、慶次の指差した方向へ目をやると、その一画に設けられた屋台群が商品の価格を急遽半額に下げ、懸命に客の呼び込みを始めていた。おそらく、もう間もなく道安のショーが終わると見込んだのだろう。

 終わってしまえば、ここ岡崎両替前に集った群衆が散開することは必至であり、もし商品を売り残してしまえばそれは即ち不良在庫となる。屋台の店主たちにもそれぞれ生活があり、絶対に売り残すわけにはいかなかったのだ。道安の他にも、必死な者たちがそこに確かに存在していた。

百道安「くそっ・・・! 人の不幸に乗っかって商売しおって・・・!」
斜メ前田慶次「お前すげえな」
百道安「何がだ」
斜メ前田慶次「屋台は呼ぶし、帯に手をかけただけであの慌てようだ。お前、ある意味すげえよ」
百道安「・・・呼んでないわ! そもそも、どうして屋台が出てるんだ! おかしいだろ!」
斜メ前田慶次「どんな気分だ?」
百道安「気分も、クソもあるか! 貴様、頭がおかしいのではないか!?」
斜メ前田慶次「まあ、百利休の御子息様が清水の舞台から飛び降りようというんだ。当然、出るだろう」
百道安「・・・なあ、頼みがある」
斜メ前田慶次「今さら何だ」
百道安「ひょうげ舞というわけには、どうしてもいかないのか」
斜メ前田慶次「駄目だ」
百道安「千道安は、ひょうげ舞だったんだろう! どうして私は自慰なんだ! どうして私は自慰でなければならないんだ!」
斜メ前田慶次「それが千道安のバッタモノである、お前の宿命だからさ」

 道安は最後の望みを託し、群衆に助けを求めた。もしここから自分を救い出してくれたら、金はいくらでも払う。仕事がない者には仕事も紹介する。女だって紹介する。頼む、助けてくれと、道安は懸命に群衆に呼びかけた。しかしその反応は冷ややかだった。そればかりか「モタモタするなー!」「早よやれー!」などと様々な野次が飛んでくる始末で、道安は自分の人望のなさを痛感させられることとなった。

斜メ前田慶次「お前は色々な者から恨みを買っている。まさに自業自得ってやつだ」
百道安「・・・・・・」
斜メ前田慶次「親の威光を借り、金で無頼者を雇い、弱い者いじめを散々やってきた結果がこれだ」
百道安「・・・・・・」
斜メ前田慶次「お前にとっては、ヤンチャのつもりだったとしても、傷つけられる側にとってはヤンチャでは済まされねえんだよ」
百道安「・・・・・・」
斜メ前田慶次「わかったら、やれ」

 放心したように淡々と帯を解く道安に、慶次はさらに追い打ちをかけた。

斜メ前田慶次「お前よ。前回もやったことだから、詳しい説明はいらねえだろうけどよ」
百道安「何だ・・・」
斜メ前田慶次「イク前にだ」
百道安「!? ま、まさ・・・か・・・!」
斜メ前田慶次「”天下無双の朱槍を伴に、斜メ前田慶次が岡崎見物に参ってそうろう~!”と叫ぶんだ。良いな」

続く
Date: 2017.01.10
Category: 信on休止中
Comments (0)Trackbacks (0)

昨日の敵は今日の友の巻・其の拾四

 百道安にとって、一生忘れられない日がとうとうやってきた。

斜メ前田慶次「見よ、道安」
百道安「ぐぅっ・・・!」
斜メ前田慶次「これだけの数の人間が今、お前に注目しているのだ」

 慶次にとっても予想外であった。まだ辰の刻(午前8時頃)であるにも関わらず、目算では到底不可能なほどの見物人が、岡崎両替前に集結し、ざわめきながら百道安の動向を見守っていたのであった。

 行商をしながら全国各地を廻っている、ある旅人は後にこう語っている。

旅人「そりゃあもう、驚きましたよ。何しろ、金沢、春日山と続いて、まさか岡崎でも見ることになるとは思いませんでしたので。本当、偶然なんですよ。長いこと生きていると、こういうこともあるもんなんですね。何か、運命を感じますね、ええ」

 また、岡崎に生まれ、岡崎の町家で何不自由なく育った、花盛りのある町娘は後にこう語っている。

町娘「両親からは、絶対に見に行くなって言われていたんですけど・・・。友達がどうしても一緒にって言うんで。え? どんな気分だったなんて訊かれても・・・。よくわかりませんでした。何というか、今思えばあっという間だったような・・・。え!? ですから! 気分なんて訊かれても困ります! しつこいですね!」

拾丸「・・・旦那、あそこをご覧下さい」
斜メ前田慶次「ん?」
拾丸「屋台が出てますよ」
斜メ前田慶次「・・・・・・」

 一体どこから、この話が漏れてしまったのか。おそらくは見物人目当ての屋台がたった一晩で、それも整然と、ある一画に軒を連ね酒、酒肴、菓子、玩具などを精力的に販売していたのだ。岡崎の商人達の逞しさに、さすがの慶次も目を見張った。

斜メ前田慶次「お前まさか昨日、吹いて回ったんじゃねえだろうな」
拾丸「そんなことしてませんよ! あっしはただ旦那に言われたとおり、道路使用許可を取りに行っただけです。役人が漏らしたんじゃないですか?」
斜メ前田慶次「まあ、今となっては確かめる術もないか。さて、道安」

 この期に及んでも、道安は逃亡する機会を懸命に窺っていたが、前回と同様に首に縄を巻きつけられており、そしてその縄尻は慶次によってしっかりと把持されていた。これでは逃げようがない。

百道安「・・・・・・」
斜メ前田慶次「このまま立ち尽くしていても、状況は何も変わらんぞ」
百道安「・・・・・・」
斜メ前田慶次「俺が何を言いたいか、もうわかるだろう?」
百道安「・・・ぐっ・・・!」

 ジャンプ・コミックス『花の慶次』第四巻に登場する千道安は、主人公の前田慶次から散々にお仕置きを受けた挙げ句、京の四条大路でひょうげ舞をさせられたのだが、何故か百道安はひょうげ舞ではなく、自慰を強要されていた。バッタモノの悲しい宿命と言えようか。

斜メ前田慶次「早く脱げよ」
百道安「ゆ、許してくれ・・・! 頼む・・・! もう嫌なんだ・・・! 本当に嫌なんだ・・・!」
斜メ前田慶次「お前、命が助かるなら何でもするって言ったよな? なあ、言ったよな?」
百道安「・・・だ、だからって! だからって!」
斜メ前田慶次「あ!?」
百道安「こんなひどいこと、三回もやらせることはないだろう! 貴様には情というものがないのか!」
斜メ前田慶次「実は今回も、無差別に100人の信オンプレイヤーにアンケートを取ったんだよ」
百道安「・・・何!?」
斜メ前田慶次「お前に自慰とひょうげ舞のどちらをさせるべきかという内容のものだが、これが何と」
百道安「・・・・・・!」
斜メ前田慶次「”絶対に自慰”・”どちらかといえば自慰”という回答が実に八割を占めた・・・」
百道安「・・・そっ、その八割のプレイヤーたちに会わせろ! 今すぐに! その者たち一人一人との対話が必要だ!」

 ※取ってません

斜メ前田慶次「会ったところでどうなるものでもないだろう。今回も一応形だけ訊くが、道安よ。自慰を・・・」
百道安「・・・・・・」
斜メ前田慶次「するか?」
百道安「嫌だ!」
斜メ前田慶次「仕方ないな。おい拾丸」
拾丸「へい」
斜メ前田慶次「殺れ! やってよいぞ」
拾丸「え~~~っ!! い・・・! い・・・! いいんすかぁ~~~~~~っ!!」

 拾丸が満面の笑みで、背負った葛籠に仕込んである短刀を抜き放った。長らく出番がなかったため、今日のテンションはまさに異常と言えた。

拾丸「た~~~ららあ! たらりらたらりら!! うひっひっひっひっひぃ~~~!!」
斜メ前田慶次「おい拾丸、変なアドリブ加えるな。なるべく『花の慶次』に沿った台詞に・・・」
拾丸「フォーウ! フォーーーーーーーーウ!!」
百道安「わ・・・わかった! す・・・する!!」

続く
Date: 2017.01.06
Category: 信on休止中
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール
信長の野望online真紅武田家で活動中 &相互リンク・無断リンク募集中です。

斜メ前田慶次

Author:斜メ前田慶次

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。