スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

今度こそさようなら、ドラえもん・零式の巻 其の六

 屋敷の大掃除を終えた慶次とドラえもん・零式が、静かに酒を傾け始めたのはこの日の夕刻頃のことだった。

     _____
    / -、 -、   \
   /   |  ・|・  | 、    \
  / / `-●-′ \    ヽ  
  |/ ── |  ──   ヽ   |  
  |. ── |  ──    |   |  
  | ── |  ──     |   l
  ヽ (__|____  / /
   \           / /
    l━━(零)━━━━┥

ドラえもん・零式「ところで今年の君ってさあ」
斜メ前田慶次「何だよ」
ドラえもん・零式「全然傾いてないよね。傾奇者のくせに」
斜メ前田慶次「はっ! 家出した挙げ句、泣きながら戻ってきたお前が言うな」
ドラえもん・零式「その話はもういいだろ!」

 およそ三ヶ月半前、民事訴訟の原告であったにも関わらず死刑を申し渡されたドラえもん・零式は、被告であった慶次の咄嗟の機転によって奉行所からの脱出に成功した。

斜メ前田慶次「・・・行ったか・・・それでいい・・・! じゃあ俺も・・・そろそろイクぞ・・・ドラ・・・達者でな・・・!」

 しかし、これから一体どこへ向かえば良いというのか。戦国の世に親戚はおろか知人すらいないドラえもん・零式にとっては、頼れる人間が皆無であった。その心細さにまたしても涙が溢れてきたが、

ドラえもん・零式「泣いている場合じゃない・・・! ひとまず国境を越えなければ」

 逃げなければ捕まってしまう。今はとにかく走らなければならない。どこかの国に落ち着いたら、慶次に仕送りを求める手紙を送ればいい。路銀は心許ないが、残飯漁りや物乞いでどうにか乗り切ろう。このときドラえもん・零式は楽観的にそう考えていた。

 そして甲信の国境を越えた時点で、ドラえもん・零式の計算は一挙に崩れた。

ドラえもん・零式「・・・馬鹿なァーーーーーーッ!! 今は九月だろ!!」


2015123001.jpg

 ・・・九月であるにも関わらず、一面雪景色の信濃国(本年九月、信濃某所にて撮影)

ドラえもん・零式「どうして! どうして雪が降っているんだ! どうしてこんなに寒いんだァーーーーーーッ!!」

 ・・・この信濃の異常気象は何の前触れもなく、戦国の世の始まりと同時に訪れたらしいが、詳細は定かではない。その後、戦国の世の終わりと共に、何故かこの異常気象はピタリと治まったそうだが・・・軽装で家を出て、そのまま信濃へ逃げ込んだドラえもん・零式にとっては、まさに生死のかかった問題であったと言えた。

 そしてさらに、厄介な問題があった。敵は気象だけではなかったのだ。

ドラえもん・零式「一体、この世界はどうなっているんだ! 九月なのに! 気持ちのいい旅になるはずなのに!」
???「・・・もし、そこな旅のお方」
ドラえもん・零式「な、何でしょうか!?」
屯所兵「拙者はこの近くの屯所に務める者ですが、大罪人が甲斐国から逃げ込んだという報せを受けましてな」
ドラえもん・零式「・・・!!」

 ・・・しまった! そういえば信濃は、武田家の領国だった・・・!

屯所兵「ちと、人相を検めさせていただいて、よろしいですかな?」

 言うことを聞いたら捕まってしまう。ドラえもん・零式は迷わず次の行動に移した。

屯所兵「・・・ぶぐぇっ!」

 渾身のビンタを屯所兵に叩き込み、さらに、

屯所兵「・・・だっふぁん!」

 股間を思い切り蹴り上げ身動きのできないようにした上で、彼を雪中に放置し、再び駆け出したのであった。

ドラえもん・零式「何てことだ・・・! このドラえもん・零式、一生の不覚・・・!」

 今後は寒さと雪に加え、追手のことも考えなければならない。果たして、生きて信濃を出ることができるのか!? 走りながらも、ドラえもん・零式は身震いを抑えることができなかった。

 そしてドラえもん・零式が甲斐から脱出してから十日余りが経過した頃・・・慶次は小岡越前から詮議を受けていた。

斜メ前田慶次「・・・だから、マジで、急にムラムラしちまったんだって!」
小岡越前守忠相「銅鑼右衛門と何やら小声で話していたという目撃情報もございます」 
斜メ前田慶次「俺が奴に逃走を促したとでも言いてえのか?」
小岡越前守忠相「もしそれが事実であれば、あなた様も死罪となります」
斜メ前田慶次「俺ぁ、逃げろなんて言ってねえよ。ただあの時は」
小岡越前守忠相「あの時は?」
斜メ前田慶次「お前の顔を見ながらイキてえから、ちょっとその場にいてくれって言っただけだ」
小岡越前守忠相「・・・ご、ご自分で何を仰っているのか、理解されておりますか!?」
斜メ前田慶次「いや、マジ興奮したわー。今でも思い出しながらオカズにしてんだよ」
小岡越前守忠相「・・・嗚呼、これだから、プレイヤーキャラは嫌いなんだ! 変態しかおらんではないか!」

 小岡越前が天を仰ぎながら信オンプレイヤーたちに怒りをぶつけたそのとき、ドラえもん・零式もまた越信の国境で天を仰いでいた。もっとも、まさに瀕死の状態で、関所兵に身体を抱えられながらの話であったが。

上杉家関所兵「・・・だから、こっち側(越後)で行き倒れるなっての。俺たちの仕事になっちまうんだよ」
ドラえもん・零式「ハアッ・・・! ハアッ・・・! た・・・助け・・・!」
上杉家関所兵「信濃に帰れ!」
ドラえもん・零式「・・・うぐぇっ!」

 信濃国に放り捨てられたドラえもん・零式は、もはや自らの力で立ち上がる力すらなかった。寒さと飢えで衰弱しきっていたのだ。

武田家関所兵「・・・だから、こっち側(信濃)で行き倒れるなっての。俺たちの仕事になっちまうんだよ」
ドラえもん・零式「・・・もういっそ・・・捕まえてくれ・・・! 頼むから・・・僕を・・・楽に・・・して・・・!」
武田家関所兵「面倒くせえから、さっさと出て行け!」
ドラえもん・零式「・・・ちょっ・・・! あぐっ! あっ!」

 何度も何度も、まるでサッカーボールのように蹴られながら瀕死のドラえもん・零式は再び越境した。仕事に熱心でないこの両家の関所兵によって、すでにドラえもん・零式は国境を八往復していた。

ドラえもん・零式「・・・慶次・・・君・・・助・・・け・・・」

 その後一刻(約二時間)にわたってその場に放置され、今にも息絶えようとしていた頃・・・一人のくのいちがたまたまこの場に通りかかったことで、ドラえもん・零式の運命は変わった。

続く
スポンサーサイト
Date: 2015.12.30
Category: 信on休止中
Comments (0)Trackbacks (0)

玄関開けたら、の巻

 ここだけの話だが、ドラえもん・零式は慶次の装備にGPS発信機を埋め込んでいる。

      _____
    / -、 -、   \
   /   |  ・|・  | 、    \
  / / `-●-′ \    ヽ  
  |/ ── |  ──   ヽ   |  
  |. ── |  ──    |   |  
  | ── |  ──     |   l
  ヽ (__|____  / /
   \           / /
    l━━(零)━━━━┥

ドラえもん・零式「玄関開けたら二分でご飯♪ 玄関開けたら二分でご飯♪」

 もちろん慶次には内緒だ。そんな物を付けられて喜ぶ人間などいないからだ。しかしドラえもん・零式にとっては、どうしても慶次の装備にGPS発信機を埋め込む必要があった。

ドラえもん・零式「・・・どうやら、もうすぐ帰ってくるようだ」

 そうひとりごちると、ドラえもん・零式は右腕をぐるぐると回しはじめた。場所は、慶次宅玄関の上り框。このような場所で、慶次を待ち構えて一体何をしようというのだろうか。

ドラえもん・零式「玄関開けたら二分でご飯♪ 玄関開けたら二分でご飯♪」

 このフレーズも一昔流行ったものだが、何故、彼は今さらこのフレーズを口ずさんでいるのか。仕事でクタクタになった慶次に、レンジでチンしたサトウのご飯を、そんなに食わせたいというのか。

ドラえもん・零式「・・・来たな。玄関開けたら」

 引き戸の取っ手に手がかかる音が聞こえた。その瞬間、ドラえもん・零式は気配を殺し、集中力を極限まで高めた。

斜メ前田慶次「・・・ああくそ、だりいわー」

 心底だるそうな顔をした慶次が引き戸を開き、姿を現した瞬間・・・ドラえもん・零式は跳んだ。そして渾身の力を込めた右掌底を慶次の左頬に思い切りぶち込んだのであった。「バズンッ」という鈍い音が玄関内に響いた。

斜メ前田慶次「・・・ごぶぇっ!!」

 予想だにしなかったこのドラえもん・零式の奇襲に、慶次は為すすべなく再び外へとぶっ飛ばされることとなった。

斜メ前田慶次「・・・がはぁっ!!」

 受け身を取ることも忘れ、背中から地面へ倒れ込んだ慶次はしばらくの間、立ち上がることができなかった。そしてその様子を何故か終始無表情で見下ろすドラえもん・零式。

      _____
    / -、 -、   \
   /   |  ・|・  | 、    \
  / / `-●-′ \    ヽ  
  |/ ── |  ──   ヽ   |  
  |. ── |  ──    |   |  
  | ── |  ──     |   l
  ヽ (__|____  / /
   \           / /
    l━━(零)━━━━┥

ドラえもん・零式「・・・・・・」

 この猫型ロボットの身体に流れる血は一体何色なのか。何故、このようなことを平気で行うことができるのか。

斜メ前田慶次「・・・くっ・・・ハアッ・・・ハアッ・・・!」

 殴られた左頬を手で押さえながら、憎悪に満ちた目で自身を見つめる慶次の姿を確認したドラえもん・零式は、

ドラえもん・零式「・・・さて、引き続き夕飯の支度にとりかかるとするかな」

 まるで何事もなかったかのように引き戸をゆっくりと閉め、リビングルームへ向けて歩き始めたのであった。

斜メ前田慶次「・・・ちょっ! 待てコラァッ!!」

 今さっき、ゆっくりと閉じられた引き戸を乱暴に開き、中へ向けて怒声を浴びせる慶次。無理もない。帰った瞬間にぶん殴られれば誰でもこうなるだろう。

ドラえもん・零式「やあ、おかえり。今日も遅かったね」
斜メ前田慶次「おかえり、じゃねえだろう! 何だ今のビンタは!!」
ドラえもん・零式「・・・え?」
斜メ前田慶次「今のビンタは何だってんだよ!!」
ドラえもん・零式「何って・・・”玄関開けたら二秒でビンタ”じゃないか。何を今さら・・・」
斜メ前田慶次「げ、玄関開けたら二秒でビンタ、だと!?」

 ドラえもん・零式の語るところによると・・・22世紀の、特に若い夫婦の間で浸透しつつある習慣で、夫が帰宅した際に、玄関先で妻が夫に強烈なビンタをかますのだそうである。

 何故ビンタなのかというと、「お仕事お疲れ様♪ ここで頭を切り替えて、今夜は私をかわいがってね」とアピールする意味があるのだそうだ。習慣と言うよりは儀式に近い、とも言える。とある若妻などは「毎晩、旦那にビンタかましてます♪ そのためにジムに通って身体を鍛えてます(笑)」と、街頭のインタビューに答えるほどらしい。

ドラえもん・零式「ちなみに僕がこれをやるのは・・・僕が君を家族として認めている証拠ってことさ」
斜メ前田慶次「だから! 何回も言ってるだろ! こういうのはいきなりやんなって! 何でわかんねえんだよ!!」
ドラえもん・零式「いやぁ、てっきり以前にもやったことがあって、了承を得たものとばかり思い込んでいたよ」
斜メ前田慶次「誰が許可するか、こんなもん! 何で家に帰った瞬間、ぶん殴られなきゃなんねえんだよ! 頭おかしいんじゃねえのか!」
ドラえもん・零式「・・・今、何て言った?」
斜メ前田慶次「頭おかしいんじゃねえのか、って言ったんだよ!」
ドラえもん・零式「・・・慶次君、それはない! それはないぞ! 今の発言、それは22世紀の文化・習俗を否定するということだ! いくら慶次君でも許さないぞ!」
斜メ前田慶次「何でテメエがキレてんだよ! キレてえのはこっちの方だ!」
ドラえもん・零式「今すぐ謝れ! 謝るんだァーーーーッ!」
斜メ前田慶次「テメエが謝れ、コラッ!!」

 ・・・その後間もなくこの二人は掴み合いに発展し、罵声を浴びせ合い引っ掻き合った挙げ句、いつもどおり寝技と関節技の応酬となり、汗だくになって床を転げ回ることになるわけですが・・・皆さま長い間、ご無沙汰しておりました。ここ最近、ちょっとログインする余裕ができまして、ちょろちょろログインしています。


2015122601.jpg

 まさかの術実装・・・。これ、威力とウェイトの覚醒をマックスにしたら主砲技能にできそうですね。何しろスカがないし。


2015122602.jpg

 そして現在、織田家と敵対しているのは斎藤家と北条家のようです。前田慶次打倒の夢を追うためには、武田家からの移籍も検討しなければならないようです。さて、どちらにするか・・・それでは今日の日記はこの辺で。
Date: 2015.12.26
Category: 信on休止中
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール
信長の野望online真紅武田家で活動中 &相互リンク・無断リンク募集中です。

斜メ前田慶次

Author:斜メ前田慶次

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。