スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

斜メ前田利家逝去の巻

斜メ前田慶次「平成の世で一時期、流れていたレノアのCMあったろ、CM」
ドラえもん・零式「ああ、あの犬の家族のCMかい」

2014112501.jpg

斜メ前田慶次「あの犬の夫婦、きっと夜になったらケモノに戻るんだろうな」
ドラえもん・零式「いきなり何を言い出すんだい。ここ、一応信オンのブログなんだろう? 少しは考えないと・・・」
斜メ前田慶次「旦那のほう、腰を振りまくってまた背中に汗ジミが出来ちまうんだろうな」
ドラえもん・零式「下らない話はここまでにして、さっさと食べてしまいたまえ。急がないと君の叔父さんが・・・」
斜メ前田慶次「わかった、わかった」

 慶次の義理の叔父・斜メ前田利家危篤の報が慶次のもとに届いたのは、昨晩遅くのことであった。面倒くさがる慶次に代わって旅支度を済ませ、朝餉の支度を終えた頃には既に夜が明けていた。そしていざ朝餉に手を付けたかと思えば、何の脈略もなくいきなりレノアのCMについて語り出す有り様である。ドラえもん・零式はほとほと困り果てた。

ドラえもん・零式「今まで憎み合ってきたみたいだけど、最期くらいは優しくしてあげなきゃ駄目だよ」
斜メ前田慶次「俺はあんな奴、憎んじゃいねえよ。あいつが勝手に俺を憎んでいるだけだ」
ドラえもん・零式「まさか、氷風呂に突き落としてやろうとか考えていないだろうね」
斜メ前田慶次「危篤の人間を氷風呂に突き落とすとか、どんだけ鬼畜だよ。やんねえから安心しろ」
ドラえもん・零式「どうだかなあ・・・」

 この時代に甲府から那古屋まで旅をすれば、常識的に考えて半月以上はかかるのだが、信長の野望オンライン・プレイヤーキャラクターである慶次は時速六十キロほどの速さで数時間の疾走が可能である。それも息を乱さずにだ。昼過ぎには早くも那古屋入りに成功していた。

斜メ前田慶次「・・・さて、ここからが面倒だがしょうがねえ」

 出奔し、今では敵陣営の武田家に仕えている慶次は尾張斜メ前田家にとっては裏切り者以外の何物でもなく、例え利家の義理の甥だからといってすんなりと屋敷に入ることはできない。むしろ押し包まれて捕らわれるか、斬られてしまう可能性が高い。そこで前回、利家の屋敷を訪れたときと同様、『魅了の睨み』を使って屋敷に潜入することにした。

斜メ前田慶次「魅了の睨みは大成功だが・・・使用人どもの乱交パーティーが始まっちまったな。許せ、叔父御」

 屋敷の中は目も当てられないほどの状況となってしまったが、今はそんなことを気にしている場合ではない。利家を見舞わなければならないからだ。慶次は足早に利家が伏している部屋へと向かった。

 ※ここから先、隆慶一郎著『一夢庵風流記』に流れが似ていますが、敢えて似せています。本物を読みたい方は、ぜひ『一夢庵風流記』をご一読下さい。文庫版も出ています。オススメです。

斜メ前田利家「・・・慶次か!?」

 利家の命運はすでに尽きかけていた。全身がガリガリに痩せこけており、声にも力がない。できることと言えばわずかに首を傾け、異常にギラついた目で慶次を見据えることだけであった。変わり果てた利家の姿を前に、慶次は思わず涙をこぼしそうになったが、悪態をつくことで気を紛らわすことに専念した。

斜メ前田慶次「この情けない姿は何だ。それでもいくさ人か」
斜メ前田利家「やかましい。そもそも裏切り者のお前なぞ呼んどらん。何をしに来た」
斜メ前田慶次「お主が危篤という報せが届いたから来たまでのことだ」
斜メ前田利家「誰がそんな余計なことを・・・迷惑極まりないな」
斜メ前田慶次「俺も好きで来たわけじゃない。義理を果たしたまでのことだ。迷惑なようだし帰るぞ」

 そう言って腰を浮かせかけたところで、利家が慌てて慶次を呼び止めた。

斜メ前田利家「待て! ワシに謝ることがあるだろう! 謝るまでは帰ることは許さん!」
斜メ前田慶次「俺がお主に謝ることなぞ全く無いな」
斜メ前田利家「お前に無くても、ワシにはあるんだ! いや、謝ったところで許せん。よくも今まで・・・!」
斜メ前田慶次「わかった、わかった。じゃあどうすりゃ許してくれるんだよ。恨まれたまま死なれて、枕元に立たれても困るからな」

 一呼吸置いてから、利家が口走った言葉に慶次は耳を疑った。

斜メ前田利家「し、信玄公を・・・」
斜メ前田慶次「あ?」
斜メ前田利家「信玄公を暗殺しろ。武田家家老のお前ならできるだろう。もしそれが出来たら、織田家に帰順できるよう取り計らってやる」
斜メ前田慶次「お主は、馬鹿か。出来るわけがないだろう。一体何を言い出すかと思えば、全く」
斜メ前田利家「信玄公さえ死ねば、武田家は衰退する。そうなれば我らの陣営が再び盛り返すことができるのだ。頼む、やってくれ」
斜メ前田慶次「やらないと、言っているだろう! 俺は暗殺はやらん! やらんのだ!」
斜メ前田利家「後生だ、頼む。やってくれ。このままでは死んでも死にきれん。お前という裏切り者を出し、肩身の狭い思いをしながら死ぬのは・・・」

 死に瀕しながらも、肩身だの世間体だのを口にする利家を見るに及び、慶次は哀れみを感じずにはいられなかった。

斜メ前田慶次「もし仮に、俺が信玄公にソロで取り付いたとしても・・・」
斜メ前田利家「おお」
斜メ前田慶次「1ターンで死ぬぞ。下手したら行動できずに死ぬ」
斜メ前田利家「何だ、たあん、てのは」
斜メ前田慶次「とにかく、無理なものは無理だ。そんなに汚名を晴らしたければ、お主が病気を治してやればいいだろう」
斜メ前田利家「そんなことができるわけがないだろう。ワシはもう長くはないのだ」
斜メ前田慶次「じゃあ、諦めろ。俺はもう帰るぞ。せいぜい、達者でな」
斜メ前田利家「待て、待ってくれ」

 必死の形相でしがみつく利家の口から、慶次の思いもよらない言葉が発せられたのはこの後間もなくのことであった。

斜メ前田利家「・・・荒子屋敷のことは悪かったな。あれはワシがどうしても欲しかったんだ。斜メ前田一族の土地なんだ」
斜メ前田慶次「いいさ、俺は所詮忍びあがりだ。土地に執着はない」
斜メ前田利家「それと、胸のしこりがもう一つある」
斜メ前田慶次「何だ」
斜メ前田利家「お前、おうめを抱いたか」

 おうめとは斜メ前田利家の妻であり、おまつのバッタモノであるのだが、この男どもとは異なり本物と良い関係を築いている。利家は慶次とおうめが不倫関係にあったのではないかと疑っているのだ。死にかけながらもこんなことを質問してくるあたり、慶次は絶句しかけたが即座に回答した。「抱いた」と。

斜メ前田うめ「抱かれてねえよ」

 実際に、おうめは慶次に抱かれたことはない。ここで何故か慶次が妙な見栄を張ったのである。障子の外で二人の会話を盗み聞きしていたおうめは思わず独り言を漏らしたが、利家が激高したためかき消された。

斜メ前田利家「この野郎!」

 半身を起こし、渾身の力を込めて慶次の頬にビンタを叩き込む利家であったが、もはや慶次にダメージを与えることは不可能であった。それほど利家の身体は弱り切っていたのである。頬を叩かれながら、慶次は悲しくなった。第一回目の記事で、自分を逆に氷風呂に叩き込もうとした精悍な利家は一体どこへ行ってしまったのか、と。慶次はよけることなく最後まで利家のビンタを両頬で受けきることに決めた。

斜メ前田利家「ハアッ・・・! ハアッ・・・!」

 往復ビンタを二往復しただけで、利家は息を切らせて布団の上に倒れ込んだ。

斜メ前田利家「・・・これで残らず終わったよ」
斜メ前田慶次「大丈夫か」
斜メ前田利家「聞くな! 全く気の利かない・・・だからお前はバッタモノなんだ」
斜メ前田慶次「お主も前田利家のバッタモノだろうが」
斜メ前田利家「それより・・・ほれ、飲め。尾張の銘酒だ」

 利家が震える手で満たした盃を、慶次は一気に飲み干した。

斜メ前田慶次「返杯だ」
斜メ前田利家「いや、ワシは・・・」
斜メ前田慶次「情けないことを申すな」
斜メ前田利家「そうか。それもそうだな」

 慶次によってたっぷりと満たされた杯を前に、利家は一瞬不安そうな顔をしたが、一気に飲み干した。

斜メ前田利家「うまい。やっぱりうまいよ、おい」
斜メ前田慶次「当たり前だろう」

 慶次は今度は自分で自分の杯を満たした。

斜メ前田うめ「・・・・・・」

 おうめが障子の外で声を押し隠すようにして泣いているのを、二人は知らない。そしてその日の深夜・・・

斜メ前田慶次「そうか」

 斜メ前田利家逝去の報せを、慶次は那古屋の旅籠で受け取った。これでもう、尾張に来ることはないだろう。裏切り者である以上、葬儀にも参加することはできないが・・・せめて利家の屋敷を目に焼き付けて帰ろうと、早朝に旅装で屋敷の門前に立ち寄ったところで、慶次は目を見張った。何と利家が庭に再ポップしていたのである。

斜メ前田利家「・・・ふゎ~あ。長いこと寝たきりだったから、身体がなまってしまったわい」
斜メ前田慶次「再ポップしてんじゃねーよ」

 再ポップした利家はまだ寝ぼけていたようで、慶次の存在には気が付いていなかった。そして慶次は何ごともなかったかのように、甲府へと旅立ったのであった。
スポンサーサイト
Date: 2014.11.25
Category: 信on
Comments (2)Trackbacks (0)

個人上覧武術大会に参加できませんでしたの巻

 ・・・先週一週間にわたり、上覧武術大会・個人の部が開催され激闘が繰り広げられたと耳にした。

 ちなみに、今回の上覧武術大会に慶次は参加していない。参加できなかったのである。上覧武術大会への参加登録期限がぎりぎりにまで迫ったあの日・・・・甲府南町奉行所において、武田家与力・的場兵四郎と妻・お初の離婚調停が今まさに決着を迎えんとしていた。

「的場兵四郎と初の離縁を認める」

 奉行所の判決に逆らうことはできない。お初はその日のうちに荷物をまとめて故郷の信州上田へ帰ることとなった。ただ的場家の隣人にとっては意外な結果だったようで、

「仲睦まじい夫婦だったのにねえ・・・」

 と、後に的場の縁者にこぼしたとかこぼさなかったとか。しかしそもそも、仲睦まじいならば離婚調停になど発展しないものである。夫婦のどちらかに原因があるからこそこのようなことになるわけだが、このたびの原因は間違いなく妻・お初の側にあった。というのもこのお初、異常な性癖があったのである。

「股間を蹴り上げた後の、苦悶に歪む殿方の顔を見ると興奮するのです」

 お初は調停のさなか、泣きながら奉行に向かってこう言い放った。そう、お初は男の股間を蹴り上げることがたまらなく好きなのである。そのことで今までの人生においても様々な波乱を巻き起こしてきた。実は結婚は初めてではなく、前夫・金田仁左衛門に対しても新婚生活中に幾度となく金的を繰り返し、離縁された過去も持っている。

 的場はよく耐えた。お初のそういった性癖をも包み込むと決意しお初を娶ったのである。しかし現実はそう甘くはなかった。男性諸氏ならよく理解できると思うが、金的はたまらなく痛い。額から脂汗が滲み出てくるほど痛いのである。お初から金的を喰らうたびに引きつった笑顔を見せていた的場であったが、半年ほどでとうとう疲れ果ててしまったのであった。

お初「短い間でしたが、お世話になりました。幸せでした」

 深々と頭を下げ、的場の屋敷を後にしたお初であったが、一町(約100メートル)ほど歩いたところで堪えきれなくなったのだろう。その両頬に涙が伝っていた。そしてもう二度と。もう二度と殿方の股間を蹴り上げたりしない・・・・嗚咽しながら自身の胸に誓ったところで、ある男の背中が曇った眼の中に飛び込んできた。

斜メ前田慶次「・・・・・・」

 男は背後のお初の存在に気が付いていないらしく、無防備にゆったりと歩を進めていた。

お初「このお方は確か・・・」

 面識こそないが、この男が無謀にも前田慶次を討ち取ることを目標に日々合戦場をうろついている斜メ前田慶次であることをお初は知っていた。そしてこの男がかなりの粗チンであることも。自分にとっては縁のない男であり、関わる必要性は全くない存在である。泣いていることを覚られると絡んでくる可能性があるため、お初は急いで涙を拭い男の脇を通り抜けることに決めた。

 表面上は平静を装い、男に一歩近づいたところでお初の心の中にとある疑問が生じた。それまでは絶対に絡まれないよう、関わり合いにならないよう無難に通り抜けるつもりでいたのだが、先ほど涙が込み上げてきたときと同様にふと生じ、どうにも抑えきれなくなったのである。では一体それは何かというと、

「・・・このまま何もせず放っておくことが、果たして斜メ前田さまのためになるのかしら?」

 ということである。確かに面識はない。面識はないが、目標に向かって一途に突っ走る男は決して嫌いではない。むしろ好感が持てる。できることなら悲願を遂げてもらいたいと思うのだが、残念ながら背後の自分の存在に対し全く無防備なようでは、いくさ人としては失格である。こんなことでは合戦場においてもあっさりと背後から敵に斬られて死ぬことだろう。

 本来ならば、この男は自分が一歩近付いたら、ぱっと振りかえり身構えるくらいでなければならない。しかしこの男はこの期に及んでもなお無防備に歩き続けているあり様だ。こんなことではいけない。こんなことではいつまで経っても前田慶次を討ち果たすことなどできないであろう。どうしても今ここで、男の意識を一変させる必要がある。

 繰り返すが、お初と慶次の間に面識はない。お初にとっては全く無関係の人間である。しかしこのとき既にお初の心は決していた。「そうよお初。蹴っていいのよ」と。いやむしろ、蹴らなければならない。それがこのお方のためだもの。決して私が蹴りたくて蹴るのではない・・・・お初は気配を消し、男のすぐ背後まで近付いたところで、全身全霊の力を込めて慶次の股間を蹴り上げた。

斜メ前田慶次「・・・だふぁうっ!!」

 背中を反り返しながら、男が情けない悲鳴を上げると同時にお初は駆け出した。蹴り上げた足の甲に、何か柔らかいものが潰れたような感触が残っていたが、今はそんな余韻に浸っている場合ではない。もし捕まったら斬られてしまう可能性があるからである。お初は駆けた。駆けに駆けた。実家のある、信州上田に向かって。


2014111301.png

斜メ前田慶次「お・・・おう・・・! ぐおおおおう・・・・・・・・・う~~ん・・・!」

 信州上田の実家に帰ったお初は後に両親に向かってこう供述したという。「誰でもよかった。今は反省している」と。そして両親の前で「二度と殿方の股間を蹴り上げることはしません」と誓ったとのことだが、父親のほうは正直怯えを隠せなかったという。その後お初は再び夫を迎えることはなく、

2014111302.png


 自叙伝『蹴りたい股間』を出版したところ、これが大ヒット。カリスマ的女流作家として戦国の世での生を終えたという。さて、突如股間を蹴り上げられた慶次はどうなったかというと、

斜メ前田慶次「・・・ぐううっ・・・! お・・・おの・・・れっ・・・!」

 遠ざかっていくお初の背中を必死に目で追う慶次であったが、下腹部の激痛を如何ともしがたく、数分後にどうにか立ち上がったところで転倒し後頭部を強打。白目を剥いてその場に気絶する羽目になったという。しかしそれにしても、街を歩いていて突如股間を蹴り上げられるというのは、一体どんな気分なのだろう。私には想像もつかない。ああっ! 一体っ! どんな気分なんだっ!!

斜メ前田慶次「・・・・・・」

 辺りが暗くなるまで気を失い続け、その後どうにか妙院郷まで辿り着いた慶次であったが、残念ながら上覧武術大会の参加登録受付はすでに終わっており、失意のうちに帰宅することとなった。落胆の色を隠せず、とぼとぼと家路に向かって歩き続ける彼を前に、私としてはどうしても訊ねずにはいられない。

ブログ主「慶次よ・・・斜メ前田慶次よ・・・」
斜メ前田慶次「何だよ。放っておいてくれよ」
ブログ主「今、どんな気分だ? なあ、一体どんな気分なんだ!?」
斜メ前田慶次「やっぱり、お前の仕業か! お前、マジふざけんな! おまっ!」
ブログ主「頼む、教えてくれ。このままでは気になって夜も眠れん。頼む、蹴り上げられたとき、どんな気分だったんだ!? なあ、一体どんな・・・」
斜メ前田慶次「・・・こういうのは、ドラの役目だろ! 俺はする側! いいか、もう二度とやんじゃねえぞ! おい、聞いてんのか!」

 ・・・上覧武術大会、次こそは参加したいと思います。それでは今日はこのへんで。 ノシ
Date: 2014.11.13
Category: 信on
Comments (2)Trackbacks (0)
プロフィール
信長の野望online真紅武田家で活動中 &相互リンク・無断リンク募集中です。

斜メ前田慶次

Author:斜メ前田慶次

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。