スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

久々の蝶野登場の巻

 すでに存在そのものを忘れかけている方も多いと思われるが、ドラえもん・零式を一人追うタイムパトロール蝶野がこの日、22世紀の警察庁に召喚され査問委員会にかけられていた。

   /""""""""彡
  / 〈~~~~~^
 |  /        |
 | / ´\  ハ /` |
 |./| ̄ ̄|冖| ̄ ̄|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (6|~`― ´ |`―‐′ |
 || |    ,,,,, 」,,,,<   くガッデム・・・
 |||  【 一 ー 】 /    |
 || \   丁  /    \__________
彡|   \__/ |

警察庁刑事局長「蝶野巡査部長」
タイムパトロール蝶野「あ?」
警察庁刑事局長「君がどうしてここに呼ばれたかわかるね?」
タイムパトロール蝶野「全然、わかりませんね」
警察庁刑事局長「とぼけるな。ネタは上がっているんだ」

 言うや否や、刑事局長は手元の写真を蝶野の眼前に掲げた。

タイムパトロール蝶野「・・・なっ!? その写真は!!」
警察庁刑事局長「君が、戦国の世の女とまぐわっている姿を撮影したものだ」

 事実、蝶野は戦国の世において流浪の日々を送っているさなか、一人の女と情を通じた。女の名はおみよという。もっとも、出会った当初は遊びで終わらせるはずの女であった。だが今となっては、もはやかけがえのない存在になってしまっていた。

警察庁刑事局長「見ろ。女の胸の谷間に顔を埋めている君の姿を!」
タイムパトロール蝶野「見ろじゃねえだろ! どういうことだ、これ! 何、盗撮してやがんだ!」
警察庁刑事局長「それからこれは、【ピー】して【ピー】した瞬間の写真だ」
タイムパトロール蝶野「やめろ! そんなもん出すな! 何、考えてやがる!」
警察庁刑事局長「蝶野巡査部長。これはタイムパトロール職員服務規程第10条の2・・・」
タイムパトロール蝶野「・・・・・・」
警察庁刑事局長「”現地の女とBまで”に該当する。このとおり証拠もある。言い逃れはできんぞ」

 ここで警察庁次長が口を開いた。

警察庁次長「待ちなさい、刑事局長」
警察庁刑事局長「はい?」
警察庁次長「彼は、やってるよ」
警察庁刑事局長「え? その情報は私の元に入っていないようですが」
警察庁次長「この写真を見たまえ」

 警察庁次長が掲げたその写真は、蝶野が顔を真っ赤にして俯くほどのものであった。

警察庁刑事局長「すごい体位ですね・・・」
警察庁次長「我々には到底真似できんよ」
タイムパトロール蝶野「・・・いい加減にしろよ! さっきから! 俺に恥をかかすために、ここに呼んだのか!」
警察庁刑事局長「蝶野巡査部長。これはタイムパトロール職員服務規程第10条の3・・・」
タイムパトロール蝶野「・・・・・・」
警察庁刑事局長「”現地の女とズッコンバッコン”に該当する。弁明があれば、聞こう」
タイムパトロール蝶野「・・・・・・」

 怒りと恥ずかしさで頭に血が上っている蝶野は、もはや口を開くことは叶わなかった。

警察庁刑事局長「ないなら、この場で君に対する処分を言い渡す」

 会議室を出た蝶野は茫然自失となっており、目の前の景色すら目に入っていない有り様であった。

タイムパトロール武藤「おい、蝶野」

 そこに同僚のタイムパトロール武藤の登場である。ちなみにこの二人、とにかく仲が悪い。

タイムパトロール武藤「お前のせいで、タイムパトロールに対する信用はガタ落ちだ。恥を知れ、恥を」

 どこから漏れたのか、すでに蝶野に対する処分はタイムパトロール内に広まっていた。減給100分の10(3ヶ月)の懲戒処分であった。

タイムパトロール蝶野「・・・・・・」
タイムパトロール武藤「それからお前、もう戦国の世に行くんじゃねえぞ。これ以上、恥の上塗りをされたら困るからな」
タイムパトロール蝶野「・・・・・・」
タイムパトロール武藤「ドラえもん何たらの捜査は、猪木隊長他数名がお前に代わって行うことになった。隊長、かなりキレてたぜ。お前のせいだってな」
タイムパトロール蝶野「・・・何!?」

 今までに散々、協力を拒否されてきた挙げ句にこの言われよう。蝶野の怒りはすでにマックスに達しようとしていたが、この後の武藤の一言で、とうとう蝶野は我を忘れることとなった。

タイムパトロール武藤「それと、女の記憶は消される」
タイムパトロール蝶野「・・・なっ、何だと!?」
タイムパトロール武藤「何だと、じゃねえだろ。当たり前のことだ。お前もタイムパトロールならわかるだろうが」
タイムパトロール蝶野「ぐっ・・・!!」
タイムパトロール武藤「隊長直々に行われるそうだ。お前も、女のことは忘れるんだな」

 おみよが自分のことを忘れるなど、蝶野には到底耐えがたいことであった。タイムパトロールとして戦国の世をさすらう蝶野にとって、今となってはドラえもん・零式の捜査よりもおみよとの暮らしのほうが比重として重くなっていたのであった。それも圧倒的に。

タイムパトロール武藤「もう一度言うぞ。今後、戦国の世には行くな。タイムパトロール本部の清掃でもやってろ」
タイムパトロール蝶野「ガッ・・・ガッ・・・!」

 まだ22世紀の誰にも言っていないが、実はおみよの腹にはすでに新しい命が宿っている。忘れろと言われたとて、忘れられるはずがない。

タイムパトロール武藤「おい、聞いてんのか!? 相変わらずすっトロい・・・」
タイムパトロール蝶野「・・・ガッデーーーーーーーーーム!!」

 叫ぶやいなや、蝶野は駆け出した。おみよを守るために戦国の世へ戻るつもりなのだ。

タイムパトロール武藤「・・・ま、まさかお前!? 自分のしていることがわかっているのか! 止まれ!!」

 今後、蝶野はタイムパトロールの魔の手からおみよを守りつつ、ドラえもん・零式を追うことになるのだが・・・

タイムパトロール武藤「・・・蝶野ーーーー!!」

 正直、本物の蝶野正洋が間違ってこのブログに辿りつかないことを祈ります。一方その頃、タイムパトロール蝶野の人生を狂わせた張本人であるドラえもん・零式は・・・

ドラえもん・零式「・・・そうとも」
      _____
    / -、 -、   \
   /   |  ・|・  | 、    \
  / / `-●-′ \    ヽ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |/ ── |  ──   ヽ   |  < 22世紀の女子高生のおしっこは、ミネラルウォーター
  |. ── |  ──    |   |    \______________________
  | ── |  ──     |   l
  ヽ (__|____  / /
   \           / /
    l━━(零)━━━━┥

斜メ前田慶次「何故だ! 何故22世紀の女子高生の小便は、ミネラルウォーターになるんだ!?」
ドラえもん・零式「そりゃあ君、22世紀の科学をナメたらいけないよ」

 慶次とドラえもん・零式が、甲府は慶次宅の一室にて、昼間から缶ビール片手に22世紀の女子高生の小便について語り合っていた。何でも、小便をミネラルウォーターに変化させる薬が開発され、女子高生の間でブームになっているとのことだが、詳しいことはわからない。

 ・・・さて、今日は久々に信オンにログインしようと思います。ここ、一応信オンのブログなので。それでは今日の日記はこの辺で。
スポンサーサイト
Date: 2014.09.30
Category: 信on
Comments (2)Trackbacks (0)

働きたくないよの巻

斜メ前田慶次「はい、そこの駕籠、通路の端に寄せて止まって。はい、はい、そこね」

 白馬に跨った慶次が、京から訪れたとある公卿を呼び止めたのは、この日の未の刻(午後2時頃)のことであった。


2014091701.jpg

袋小路刻麻呂「何ごとでおじゃる・・・? 東国の田舎侍がこの麻呂を呼び止めるとは」

 その公卿の名は袋小路刻麻呂といった。

斜メ前田慶次「ちょいと失礼するよ」

 駕籠の引き戸を開け、軽く会釈をしたところで慶次が用件を申し述べた。

斜メ前田慶次「ああ、どうも。武田家家老の斜メ前田といいます」
袋小路刻麻呂「・・・・・・」
斜メ前田慶次「困るね。両替所の前を通る時は駕籠者を走らせちゃいけないんだよ。全員徒歩(かち)でないと」
袋小路刻麻呂「・・・・・・」
斜メ前田慶次「そこ、そこに標識あるでしょ。見えなかった?」
袋小路刻麻呂「・・・・・・」

 武田家のプレイヤーにはあまり知られていないが、実は甲府の両替所付近には「駕籠者疾走禁止」の標識が存在する。興味のある方は暇つぶしに探してみて欲しい。

斜メ前田慶次「もしも~し? 聞こえますか? あ、それとあなた、通行手形持ってる? 見せて、通行手形」
袋小路刻麻呂「手形? そんなもの持っていないでおじゃる」
斜メ前田慶次「持っていないだと!? 不法入国じゃねえか! ちょっと城まで御同行願おうか!」
袋小路刻麻呂「・・・ええい! さっきからお前は一体何なんでおじゃる! この麻呂を誰だと思っているでおじゃる!」
斜メ前田慶次「知らねえよ、お前なんか」
袋小路刻麻呂「はん! これだから東国の田舎侍は。これ、駕籠者、こんな男は無視してさっさと行くでおじゃる」

 交通取り締まりをしている慶次を無視して駕籠を進めようとする袋小路と、それを必死に押し止めようとする慶次。両者は互いに一歩も譲らず、やがて口論の末にもみ合いとなった。

斜メ前田慶次「・・・ふん! ふん!」
袋小路刻麻呂「何をするでおじゃる! 放すでおじゃる!」

 得意げに自慢の寝技へ持ち込もうとする慶次に、袋小路はただただ喚く他なかった。

袋小路刻麻呂「麻呂にこんなことをして・・・ただで済むと・・・!」
斜メ前田慶次「ふん! むん!」
袋小路刻麻呂「こら! 人の話を聞くでおじゃる!」
斜メ前田慶次「ぬん! ふん!」
袋小路刻麻呂「・・・ええい! この下郎め!」

 堪らず小刀を抜き放った袋小路、無謀にも慶次の顔面に斬り付けたのであった。それを難なくかわした慶次が繰り出した一手は、

袋小路刻麻呂「・・・ぶえっ!!」

 ・・・渾身のビンタであった。「バシンッ!」という乾いた音と共に、袋小路の上半身が揺らいだ。

袋小路刻麻呂「・・・うぶっ・・・ぶっ・・・!?」

 突如、自身の左頬に走った衝撃と痛み、そして鼻血。数秒の硬直の後に、袋小路は恐慌をきたした。

袋小路刻麻呂「・・・きゃあああああーーー!!」

 ビンタと麻呂の組み合わせが、個人的にはたまらない。まさに芸術である。

斜メ前田慶次「リアクションでけーよ、おっさん」
袋小路刻麻呂「・・・あひ・・・あーーー!!」

 鼻血を垂らしながら、狂ったように小刀を振り回す袋小路。当然ながらその切っ先が慶次の身体に届くことはなかった。

斜メ前田慶次「大人しくしねえか!」
袋小路刻麻呂「・・・あばっ!!」

 再度、袋小路の左頬にビンタを打ち込む慶次。袋小路はとうとう駕籠から転げ落ちてしまった。這いずりながら逃げようとする袋小路に慶次が追い付いたのはその後間もなくのことであった。

斜メ前田慶次「逃げんじゃねえよ」
袋小路刻麻呂「・・・だっ・・・誰かっ・・・誰か助けてたもっ・・・!」
斜メ前田慶次「お前、ちょっと動くな。技がかけ辛えだろうが」
袋小路刻麻呂「・・・なっ!? なっ、なっ、何をっ・・・・アッーーーーー!!」

 人生で初めてのロメロ・スペシャル(吊り天井固め)を極められた袋小路は、もはや半狂乱となっていた。慶次のギブアップを促す声も、このときの彼の耳には届いていない。この国の歴史において、公卿にロメロをかけたのはおそらく慶次が初であろう。

斜メ前田慶次「・・・ギブしろ! どうなっても知らねえぞ! おい! 聞いてんのか!」
袋小路刻麻呂「・・・あひいあーっ!! ・・・あっはーー!!」

 ロメロと麻呂の組み合わせが、個人的にはたまらない。まさに芸術である。

斜メ前田慶次「暴れても無駄だってんだよ! 早くギブしろ! こら!」
袋小路刻麻呂「あーっ・・・!! あっ・・・」
斜メ前田慶次「おい!? どうした袋小路!」
袋小路刻麻呂「・・・・・・」
斜メ前田慶次「おい!」
袋小路刻麻呂「・・・・・・」
斜メ前田慶次「ちっ・・・気を失いやがったか。やれやれ、面倒なことになっちまったな」

 気絶した袋小路の身体を乱暴に投げ捨てた慶次は、突如空を仰ぎ見、叫んだ。

斜メ前田慶次「・・・おい! ブログ主!」
ブログ主「何だ、いきなり」
斜メ前田慶次「武田家家老である俺に、ネズミ取りなんかやらせてんじゃねえよ!」
ブログ主「大事な仕事じゃないか。存分に励め」

  ※実際に白馬に乗って交通違反者を取り締まることは信オンでは不可能ですが、プレイヤーがログインして操作をしていない間、キャラクターは大名もしくは家老からの命令で何かしらの仕事をしている、という妄想をもとに記事を書いています。合戦中はともかく、「平時は何もしない」では国が成り立たないと思うので。

斜メ前田慶次「それよりも、休みをよこせよ、休みを。最近、休みがよく潰されんだよ」
ブログ主「・・・・・・」
斜メ前田慶次「今日だって休みのはずだったのに、人手が足らねえってことで急遽ネズミ取りに駆り出されたんだ」
ブログ主「・・・・・・」
斜メ前田慶次「振替休が結構たまってるはずなんだ。明日は休ませろよな、お前の力で」
ブログ主「断る」
斜メ前田慶次「何でだよ」
ブログ主「私もよく休みを潰されているからだ」
斜メ前田慶次「それが何だってんだ。俺には関係ねえじゃねえか」
ブログ主「ブログ主であるこの私が苦しんでいるのに、お前だけが楽をするのは気に入らん。お前も私と同じ苦しみを味わえ」
斜メ前田慶次「・・・ちょっ! おまっ!!」
ブログ主「それからお前、空に向かって喋るな。端から見ればキ〇ガイそのものだ」
斜メ前田慶次「誰のせいだと思ってやがる」
ブログ主「では、さらばだ」
斜メ前田慶次「おい! まだ話は終わってねえぞ! 行くな! こら!」

 ・・・さて、信オンにログインしなくなってから久しくなりますが、皆さまご機嫌いかがでしょうか。聞くところによると、滅亡した勢力も出たとのこと。とうとうか・・・と、時の移ろいを感じずにはいられませんでした。そういえば、オノロゴ? って何でしょうか? 慶次でも倒せるんでしょうか? いつの間にか富くじも発売されているようですが、大金が当たった人はいるんですかね? 何というか、浦島太郎気分です。果たして今後ついていけるのだろうか・・・。正直、もっと楽な部署に移りたいです。ぶっちゃけ働きたくないです。でもお金は欲しいです。それでは今日の日記はこの辺で。
Date: 2014.09.26
Category: 信on
Comments (2)Trackbacks (0)

今さらですがワールド統合!?の巻

※信長の野望オンライン 公式サイトより抜粋

「なお、「天下分け目の決戦」を前に“ワールド統合”を実施します。現在の5ワールド(乱世、紺碧、萌黄、山吹、真紅)を1つのワールドに統一します。ワールド統合の詳細は、後日お伝えします」

 ・・・平成の世においては、信長の野望オンライン・各ワールド統合の発表がなされたこの日。慶次宅では次々に起こる怪現象によって、ドラえもん・零式が恐慌をきたしていた。

ドラえもん・零式「・・・慶次君! 慶次君! 大変だ! 台所に・・・」

 台所で彼が一体何を見たのかは定かではないが、慶次の部屋の中へ駆け込んだところでまたしても目にした怪現象に、彼は仰天し尻餅をつくこととなった。

ドラえもん・零式「ゲエーッ! こ、これはまさか・・・!」
斜メ前田慶次「ああ、そのまさかだ。これはずばり、若い女の【ピー】」

 常識では到底考えられないことだが、事実二人の眼前には若い女の【ピー】が浮遊していた。身体の部位で言えば、太股の付け根から臍(へそ)の下あたりまでの部位であった。

ドラえもん・零式「ど、どういうことなんだ! さっきから! 一体何が!?」
斜メ前田慶次「俺にも確かなことはわからん。だがこりゃあおそらく、時空の歪みによる現象だな」
ドラえもん・零式「じ、時空の歪みだって!?」
斜メ前田慶次「噂には聞いたが、どうも近々、ワールド統合がなされるってえ話だ。その影響だろう」
ドラえもん・零式「ワールド統合と、この【ピー】と、一体何の関係があるんだ!?」
斜メ前田慶次「ああもう、お前は一から十まで説明してやらなきゃわからんのか。いいか、この【ピー】はな」
ドラえもん・零式「・・・・・・」
斜メ前田慶次「どこの鯖かまではわからねえが、違う鯖のここ。つまり違う鯖で、俺と同じ場所に住んでいる若い女の【ピー】に違いねえ」

 ・・・突如、自室の空間に若い女の【ピー】が浮かび上がるオンラインゲーム。それが信長の野望オンラインというゲームなのである。

斜メ前田慶次「本来、交わり合うことがなかった世界が、今となっては極限にまで近接しているんだ。こういった怪現象が起こったとしても不思議じゃねえだろう」
ドラえもん・零式「・・・で、で、でもどうして、【ピー】が露出しているんだろうか!? この子、下着は穿かないのかな!?」
斜メ前田慶次「そこまで知るか。何か必要な用があって、たまたま脱いでいるところで俺の部屋に現れたんだろうよ」
ドラえもん・零式「かわいそうに・・・慶次君なんかに見られて・・・」
斜メ前田慶次「こらこら。何が、かわいそうに、だ。こんな一部分だけ抽出されたところで、エロスなんぞ微塵も感じん。ただ気味が悪いだけだ」
ドラえもん・零式「やれやれ、本当かい?」
斜メ前田慶次「全身が揃っていて、初めてムラムラくるってえもんだ。これで興奮しろと言われても困るぞ」
ドラえもん・零式「そういうもんかねえ」
斜メ前田慶次「だいたい、何だこの【ピー】は。相当遊んでいるな。一目でわかるぞ。全く最近の若い娘は・・・」

 この若い娘にとっても、さぞいい迷惑に違いない。どこかの鯖の、どこの馬の骨かもわからない男に自分の最も見られたくないところを見られた挙げ句、けなされているのである。正直たまったものではないだろう。

ドラえもん・零式「ところで、いつまで浮かんでいるのかな? この【ピー】」
斜メ前田慶次「放っておきゃあ、そのうち消えるだろう。それよりメ・・・」

 「それよりメシにしてくれ」と慶次が言いかけたところで、またしても怪現象が起こった。何と慶次の足元の床が突如抜けたのである。いや、「抜けた」というよりは、「消えた」のほうが正しい表現になるだろうか。いくら戦国の世のいくさ人とは言え、これでは受け身を取ることは難しい。

斜メ前田慶次「・・・ソメゴロッ!!」

 後頭部を強打した慶次は、その後間もなく気絶した。

ドラえもん・零式「・・・ゲエーッ! 慶次君! 大丈夫か!? しっかりしろーっ! ああ、これもワールド統合による怪現象なのか・・・! 神様・・・!」

 ・・・ちなみにこれらの怪現象、慶次宅に限らず全鯖の全国各地で発生し、信オンプレイヤーたちを震え上がらせたという。
Date: 2014.09.10
Category: 信on
Comments (2)Trackbacks (0)
プロフィール
信長の野望online真紅武田家で活動中 &相互リンク・無断リンク募集中です。

斜メ前田慶次

Author:斜メ前田慶次

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。