スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

久々の合戦参加の巻

 ・・・甲府の斜メ前田慶次の自室にて。

斜メ前田慶次「さんざ探し回ったが、残念ながら甲府にも春画は売ってねえんだよなぁ」
斜メ前田慶次「しょうがない、今日も想像で・・・」

 自家発電を始める慶次。

斜メ前田慶次「ハアッ・・・ハアッ、うっ、イク・・・」

2013082201.jpg

戦中門衛「・・・こちらにお住まいでしたか、斜メ前田どの」
斜メ前田慶次「うおっ!? なっ、ちょっ・・・くっ・・・」

 ビクビクッと身体を震わせる慶次。

斜メ前田慶次「おいふざけんな! お前の顔見ながらイッちまっただろうが!!」
戦中門衛「それがしとて迷惑千万。何を昼間からシコッておられる」
斜メ前田慶次「というかお前、上杉家の者だろ! どうしてここにいるんだよ!」
戦中門衛「上杉家と武田家との人事交流により、先日武田家の戦中門衛として赴任いたしました次第」
斜メ前田慶次「人事交流なんざやってたのか」
戦中門衛「今後ともよろしくお願いいたす」

 信オンプレイヤーの間ではあまり知られていないが、実は上杉家と武田家においては一昨年から人事交流が行われており、およそ三年間を目安に互いの家来を数名ずつ派遣することになっている。

斜メ前田慶次「わざわざ挨拶にやってきたというわけか。もういいからとりあえず帰ってくれ」
戦中門衛「そのような冷たいことを申さないで下され」
斜メ前田慶次「俺はお前のせいで、今まで散々な目に遭っている。正直顔も見たくなかった」
戦中門衛「・・・・・・」
斜メ前田慶次「蹴鞠ワールドカップ、チャリティーマラソン、ECG歌謡祭・・・俺が脚光を浴びようとしたところで、みんなお前に邪魔された」
戦中門衛「いや、それは、拙者も役目として・・・」
斜メ前田慶次「そしてさっきも気持ち良くなる瞬間を邪魔された。お前は俺の疫病神だ。さあ、さっさと帰れ」
戦中門衛「それはさておき、どこか飲みに連れて行って下され」
斜メ前田慶次「何が、さておきだ! そんな簡単に済ますな! だいたい何でお前と飲みに行かなきゃなんねえんだよ!」
戦中門衛「さあ、早く股間を拭って下され。正直イカ臭くてかないませぬ。一体どれほど溜めておられたのですか」
斜メ前田慶次「そういうことを言うんじゃない」
戦中門衛「さあ、ささあ、お早く。そのまま飲みに行ったら股間が気持ち悪いでしょう。懐紙を渡しますから、さあ」

 慶次と戦中門衛の酒飲み話はいずれ書くとして・・・今日は久々に合戦に参加してみました。

2014082501.jpg

2014082502.jpg

 やっぱりいくさは良いですね。武将を叩いて画面が暗転した瞬間には脳汁が出まくりです。今後も前田慶次打倒を目指し、自分のペースでちょくちょくやっていこうと思います。それでは今日の日記はこの辺で。
スポンサーサイト
Date: 2014.08.25
Category: 信on
Comments (0)Trackbacks (0)

いくさ場の花の巻

 ・・・昔々、甲斐国のあるところに一人の暴君がおったそうな。

「・・・つまらぬ。落とせ」
「そんな殺生な! ・・あっ」

 何でも月に一度、領内の村人たちを城に呼びつけては一発芸をすることを強要し、その芸が気に入らなければからくり仕掛けの地下牢へ落とすという残忍極まりない行為を行っているそうである。

喜兵衛「か、か、桂川村の喜兵衛と申します」
大山田信茂「ふむ」

 その暴君の名は大山田信茂といった。

喜兵衛「ほ、本日はその、えー」
大山田信茂「緊張しているようだが、早よう見せい。儂は気が短いのだ」
喜兵衛「か、かしこまりました」

 喜兵衛の一世一代の一発芸がようやく始まった。

喜兵衛「三本の矢って話、ありますよね。あの、毛利家の有名な」
大山田信茂「ふむ」
喜兵衛「良い話ですよねー。ええ、確かに三人が力を合わせれば毛利家は安泰でございましょう。しかし」
大山田信茂「しかし?」
喜兵衛「私は三本の矢を飲み込むことができます。今からご覧に入れましょう」
大山田信茂「ほほう! 矢を飲むと申すか! それも三本も!」
喜兵衛「では! いきます!」

 懐から取り出した三本の矢を、必死の形相で口中に押し込む喜兵衛。

喜兵衛「・・・ふっ、ふぐっ! ぶぐっ!」
大山田信茂「これこれ・・・本当に飲み込めるのだろうな?」
喜兵衛「・・・んぐおおおおおーっ!」
大山田信茂「おおっ! 三本の矢がどんどん中へ・・・!」

 殿様に認めてもらえなければ、地下牢へ落とされてしまう。喜兵衛の苦しさはこの時点ですでに最高潮に達していたが、絶対に途中でやめるわけにはいかなかった。

喜兵衛「・・・んぐっ・・・ぐっ・・・んがっぐっぐ・・・ごくん」
大山田信茂「うおおっ! こ、こやつ飲みよった! 本当に三本の矢を、飲み下しよった!」
喜兵衛「・・・はあっ・・・はあっ・・・こ、このようにいくら三人が力を合わせたとて・・・!」
大山田信茂「ふむ」
喜兵衛「巨大な存在には・・・勝てぬということです・・・! 世の中はそんなに甘くない・・・!」
大山田信茂「ふむう・・・」
喜兵衛「毛利家はおそらく・・・いずれ巨大な何かに飲み込まれることになりましょう。以上、私の一発芸はこれにて終了です」
大山田信茂「大した芸であった。想像を絶しておったわ。しかし残念ながら地下牢へ落ちてもらう」
喜兵衛「・・・そ、そんな! ここまでやったのに!」
大山田信茂「落とせ」
喜兵衛「・・・あっ!」

 小姓が天井からぶら下がっている綱を引いた瞬間に床が抜け、哀れにも喜兵衛は地下牢へと飲み込まれていったのであった。

大山田信茂「・・・何かキモかったわー。矢を飲むとかないわー。もっと笑える芸を見てみたいものじゃ。さあ、次! 次の者、早よう!」

 このような無茶なことを続けていれば、いずれはお上の耳にも入ることになる。甲斐国主である武田信玄はこの事実を知って激怒した。

武田信玄「斜メ前田!」
斜メ前田慶次「・・・はっ」
武田信玄「手勢百名を付ける。大山田を詰問して参れ!」
斜メ前田慶次「マジッすか」
武田信玄「さっさと行かぬか!」

 たまたま近くにいたという理由で、慶次は大山田を詰問する役目を負ってしまったのであった。

斜メ前田慶次「面倒くせえな。大山田の城って確か相模国に近いんだろう。遠くて嫌なんだよなあ」
曲江兼続「主命ですから、仕方ありませぬ」
斜メ前田慶次「詰問って言っても、たぶん反省なんざしねえぞ。そういった類の馬鹿殿は」

 甲府から半日ほどをかけ、慶次一行がようやく大山田領に足を踏み入れたところで、異変が起こった。

曲江兼続「・・・敵襲!」

 森の中に潜んでいた大山田軍の銃口が突如、火を噴いたのである。幸いにも死者は出なかったが、数名が負傷する事態となった。

斜メ前田慶次「・・・おのれ、ふざけた真似を! 全員俺に続け! 大山田の首を取る!」

 怒りに我を忘れ、一心不乱に大山田城へと馬を駆った慶次であったが、いざ城へ着いてみて愕然とした。規模としては小さい城ではあるのだが、背後には山が控え、周囲には堀をめぐらし、銃眼がそこかしこに設置されていた。まさに守るに易し、攻めるに難しといったところで、慶次一行は手をこまねく他なかった。

曲江兼続「こ、これは・・・!」
斜メ前田慶次「おそらく中には三百名ほどが立て籠もっているだろう。百名程度で寄せたところでどうしようもない」
曲江兼続「援軍が来なければ、どうしようもありませんね」
斜メ前田慶次「うむ。早速使いを走らせよう。おい、誰か」

 慶次が従者に声を掛けたところで、慶次の想像を絶する事態が起こった。

曲江兼続「・・・えっ!? 慶次どの、一騎駆けをなさるおつもりですか!」
斜メ前田慶次「何!? おいおい、いきなり何を言いだすんだ」
曲江兼続「さすがは慶次どの! やはり一騎駆けこそ、いくさ場の花ですよね! 『花の慶次』の前田慶次も言ってました!」
斜メ前田慶次「俺はやるなんて、一言も言ってねえぞ! というかさっきお主、援軍が来なければどうしようもないって言ってたじゃねえか!」
曲江兼続「皆の者、よく聞け! 慶次どのが一騎駆けをして、突破口を開いて下さるそうだ!」

 感嘆のため息、どよめきが百名全員から起こった。そしてその中で一人、慶次だけがひたすらテンパッていた。

斜メ前田慶次「黙れ! やんねえぞ! 俺は! 死にに行くようなもんだ! 俺は前田慶次じゃねえんだよ!」
曲江兼続「慶次どのの~、ちょっといいとこ見てみたい! さあみんな一緒に! ほれ一騎! 一騎! 一騎!」
斜メ前田慶次「お主! 俺に何の恨みがある! もうクビだ! クビ! 甲府に帰ったらクビにしてやるからな!」

 否が応にも一騎駆けをする雰囲気に持っていったこの日の兼続を、慶次は生涯根に持ったそうだが・・・とにかく慶次は一騎駆けをしなければならなくなってしまった。

曲江兼続「さあ、ここまで来たら行くしかありません。大丈夫です。少し後に我らも続きますから」
斜メ前田慶次「一生恨んでやるからな」
曲江兼続「ああもう、見苦しい! あなたはそれでも前田慶次のバッタモノですか! そんなんじゃいつまで経っても前田慶次に勝てませんよ!」
斜メ前田慶次「一生恨んでやるからな」
曲江兼続「さあ、さあ! 早く行ってくださいってば!」

 やむを得ず慶次が馬に鞭を入れようとした瞬間・・・またしても予想外の出来事が起こった。何と武田軍が清州攻めを始めたという知らせが早馬によって届いたのである。

斜メ前田慶次「大山田のことは捨て置き、急ぎ清州へ参陣せよ、か・・・こりゃあ仕方ねえなあ。はっはっは」
曲江兼続「くっ・・・!」
斜メ前田慶次「俺の一騎駆けを皆に見せてやりたかったが、残念だ。急いで甲府に戻り、いくさ支度を始めねばならん」
曲江兼続「・・・・・・」
斜メ前田慶次「主命だから仕方ねえよな。いやあ、残念、残念。さあ皆の者! 甲府に戻るぞ!」

 その後、再び半日ほどをかけて甲府へ戻った慶次一行であったが、清州への合戦参加は遅れに遅れてしまったという。

 ・・・さて、ここ最近はほとんどログインすることもできなくなってしまったわけですが、今週の合戦にはどうにか時間を見つけて参加したいと思っています。

2014082101.jpg

 あくまで、前田慶次を倒すことがこのブログの目的です。チャンスがあれば飛びつかなければなりません。時間的に難しいかもしれませんが、何とかやってみたいと思います。それでは今日の日記はこの辺で。
Date: 2014.08.21
Category: 信on
Comments (2)Trackbacks (0)
プロフィール
信長の野望online真紅武田家で活動中 &相互リンク・無断リンク募集中です。

斜メ前田慶次

Author:斜メ前田慶次

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。