スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

今年の東西戦は敗北に終わる、の巻

 甲斐国甲府では未だ梅雨が明ける気配がなく、人々の心もしめりがちになっていたが、それに増して慶次のテンションは低下の一途を辿っていた。

      _____
    / -、 -、   \
   /   |  ・|・  | 、    \
  / / `-●-′ \    ヽ    
  |/ ── |  ──   ヽ   |  
  |. ── |  ──    |   |  
  | ── |  ──     |   l
  ヽ (__|____  / /
   \           / /
    l━━(零)━━━━┥

ドラえもん・零式「・・・どうしたんだい?」
斜メ前田慶次「あん?」
ドラえもん・零式「食事に全然、箸をつけていないようだけど」
斜メ前田慶次「ちと、食欲が湧かなくてな」
ドラえもん・零式「体調でも悪いのかい?」
斜メ前田慶次「・・・いや」

 そこまで言うと、慶次は肘枕をして床に寝そべった。

ドラえもん・零式「何だい、行儀の悪い。親の顔が見てみたいね」
斜メ前田慶次「・・・ドラよ」
ドラえもん・零式「ん?」
斜メ前田慶次「俺は負けた。負けたんだよ」
ドラえもん・零式「負けた? 一体誰に?」
斜メ前田慶次「コーエー・テクモゲームスに、だ」
ドラえもん・零式「そりゃ一体、どういうことだい?」
斜メ前田慶次「状況を覆すことができなかった。俺の負けだ」

 ・・・そう、今年は残念ながら・・・残念ながら慶次はコーエー・テクモゲームスに敗れてしまったのであった。

ドラえもん・零式「何を言っているのか、イマイチわからないな」
斜メ前田慶次「俺は今年の東西戦ではどちらの勢力にも属さず、第三勢力としてコーエー・テクモゲームスと戦っていたんだ」
ドラえもん・零式「・・・ますますわからないな。君が一体何を言っているのか」
斜メ前田慶次「だが、今年のコーエー・テクモゲームスはあまりに強大すぎた」

 魅力的な報酬とトンカチ導入。それに加え、サーバーが複数存在することによりプレイヤーが分散されてしまったことが影響し、今年の東西戦では結局一度も同特化7人によるお遊び徒党を組むことができなかった。

斜メ前田慶次「今年は厳しいかもしれないと思っていたが、やはり厳しかった」

 対人戦が好きなプレイヤーは関ヶ原・幻へ、トンカチに徹したいプレイヤーは関ヶ原・天へ。武将戦を楽しみたいプレイヤーは関ヶ原・幻以外のサーバーと、住み分けがきっちりされていたように感じられた。残念ながら、昨年のような混沌さが今年の東西戦には見られなかった。

斜メ前田慶次「それでも何とかならないかと、懸命にあがいてはみたが、結局どうにもならなかった」

2014062601.jpg

斜メ前田慶次「最も人を集めやすいと思われた先週の土曜日ですら、演舞4が限界だった」

2014062602.jpg

斜メ前田慶次「アタ7というアイディアをいただき、ようやく今週の月曜日に今年二度目の馬鹿徒党を組むことはできたが」
ドラえもん・零式「馬鹿徒党とか言うなよ。参加してくれた人たちに失礼だろ」

2014062607.jpg

2014062604.jpg

2014062605.jpg

2014062606.jpg

斜メ前田慶次「武将を数回やったところで終わった。残念ながら対人戦をすることはできなかった」
ドラえもん・零式「関ヶ原・幻に移動すれば良かったじゃないか」
斜メ前田慶次「残された時間が少なすぎたんだよ。まあ、武将も楽しかったけどな。1が落ちるの超早えし」
ドラえもん・零式「その超高火力が対人戦ではどうなるか、気になるところだね」
斜メ前田慶次「気になるが、時すでに遅し。東西戦は終わっちまった。俺の負けだ、負け」

 それきり、慶次は口を閉ざした。その背中からは落胆の色がはっきりと見てとれた。それからは何を話しかけても手を振るのみで、相手にしようともしてくれない。しばしの静寂の後、何を思ったかドラえもん・零式は無言で茶を口一杯に含み、慶次ににじり寄った。

斜メ前田慶次「何だよ、暑苦しい。近寄るな」

 口が塞がっているドラえもん・零式、返事の代わりに慶次の肩をポンポンと叩いた。慶次が文句を言おうと振り向いたその瞬間・・・予想だにしないことが起こった。

2014062608.jpg

ドラえもん・零式「・・・ブッーーーーーーーーーーーーーーー!!」

 何と、プロレスで言う毒霧を慶次の顔面に噴射してきたのである。あまりに突然のことに慶次は為すすべもなく、ドラえもん・零式が口に含んだ茶の全てを顔に浴びることとなってしまった。

斜メ前田慶次「・・・・・・」

 また、22世紀の珍習慣か、と慶次は思った。だんだん驚かなくなってきている自分が怖い。額からしたたり落ちてくる水滴をものともせず、慶次は考えた。これはもう、あれだ。スルーでいいか、と。もはや怒る気力すら湧いてこない。

ドラえもん・零式「・・・・・・」

 ドラえもん・零式もまた無言で慶次の顔を見つめている。無表情なため、何を考えているかはわからない。睨み合いが続き、数十秒ほど経ったところでドラえもん・零式がポケットから懐紙を取り出し、自らの口の周りを拭い始めた。

斜メ前田慶次「・・・・・・」

 自分だけ拭くのかよ、と慶次は苛立ったが、その後何事もなかったかのように味噌汁を「ズズッ」と啜ったドラえもん・零式を見るに及び、とうとう堪忍袋の緒が切れてしまった。

斜メ前田慶次「・・・おい」
ドラえもん・零式「・・・ん?」
斜メ前田慶次「ん? じゃねえだろ。何だ今の毒霧は!」
ドラえもん・零式「・・・え?」
斜メ前田慶次「聞こえてるだろ! 今の毒霧は何だって言ってんだよ!」
ドラえもん・零式「何って・・・激励の毒霧じゃないか。何を今さら・・・」
斜メ前田慶次「げ、激励の毒霧、だと!?」

 ドラえもん・零式の語るところによると・・・22世紀の、特に若者たちの間で浸透している習慣で、失恋し落ち込んでいる友人に活を入れるために最初に誰かが行ったことがウケにウケて、流行した後に定着したのだという。すでにこの習慣を取り入れている企業も存在しているほどで、毎年春に行われる新入社員の歓迎会においては新入社員が先輩社員や上司から毒霧を浴び、全身ズブ濡れになっているという。

ドラえもん・零式「ちなみに、僕がこれをやるのは・・・僕が君を友と認めている証拠ってことさ」
斜メ前田慶次「だから、何でお前が上から目線なんだよ。お前はここの居候だろうが」
ドラえもん・零式「略してゲキドクって言われてるけどね。最近はこれを嫌がる若者が出てきたから困る。これが嫌で歓迎会をすっぽかす新入社員まで出てきてしまっているみたいで」
斜メ前田慶次「当たり前だろ。誰が好き好んで毒霧浴びに行くかってんだよ」
ドラえもん・零式「そうやって先輩社員や上司から顔を覚えられることが大事だというのに、全くわかってないよ」
斜メ前田慶次「というかお前、前から何度も言ってるだろ! 22世紀の珍習慣をやる前に、まず俺に確認しろって! いきなりやるんじゃねえよ!」
ドラえもん・零式「・・・あれ? 今回が初めてだったっけ? 前にもやったことあったような・・・」
斜メ前田慶次「ねえよ! だから確認が大事だって言ってんだろうが!」
ドラえもん・零式「何はともあれ、元気が出たようで良かった、良かった」
斜メ前田慶次「誤魔化すんじゃねえよ。大体、お前は・・・」
ドラえもん・零式「というか、そんなに同特化7人を集めた徒党を作りたいなら、普段の合戦でも作ればいいじゃないか」
斜メ前田慶次「んなことできるわけねえだろ。常識的に考えて」
ドラえもん・零式「そういった常識を覆すのが、傾奇者と言われる人たちなんじゃないのかい?」
斜メ前田慶次「・・・グ、グムー」
ドラえもん・零式「もっとも、TPOを踏まえることは当然大事だし、演舞7じゃ残念ながら合戦場では活躍できないだろう。今年の東西戦のように万能武器があれば別だけどね」
斜メ前田慶次「・・・・・・」
ドラえもん・零式「そろそろ新キャラでも作ったらどうだい? その特化7人でも活躍できるような新キャラを」
スポンサーサイト
Date: 2014.06.26
Category: 信on
Comments (0)Trackbacks (0)

正直、報酬も欲しいですの巻

 国の要人ともなれば、まとわりついてくるものはやはり暗殺の危険である。そしてそれは武田家家老である慶次も決して例外ではなく、メンテが終わった早々に編み笠を被った剣士6人に取り囲まれ、まさに一触即発の状態となっていた。

斜メ前田慶次「・・・この俺を、斜メ前田慶次と知っての狼藉か?」

 刀の鯉口を切った慶次が、周囲を警戒しながら首領格と思われる男に問うた。

???「・・・恨みはないが、主命のため死んでもらう」
斜メ前田慶次「誰の命令だ」
???「・・・・・・」
斜メ前田慶次「問答無用ってわけか」
???「・・・せめて、死ぬ前に何か言い残すことがあれば聞いてやろう」
斜メ前田慶次「あ?」
???「武士の情けをかけてやろうというのだ。さあ、何か言いたいことがあれば言うがよい」
斜メ前田慶次「・・・・・・」
???「遠慮をするな、俺も武士だ。その辺はわきまえている」

 この男を含め、すでに全員が抜刀し慶次との間合いを極限まで詰めている。あとはこの男の合図次第で慶次の生死が決まる状態となっていた。いずれもかなりの手練れと見られ、まともに斬り合えば万に一つも慶次が生き残る見込みはない。男は慶次にとって遺言となるはずの言葉を一言も聞き漏らすことのないよう神経を研ぎ澄ませていたが、ここで男にとって予想外の事態が起こった。慶次の言い出したことが何一つ理解できないのである。

斜メ前田慶次「俺にだってカチる権利はある」
???「カチ・・・? お主は一体、何を言っているのだ?」
斜メ前田慶次「俺にだってトンカチで手柄稼いで、報酬でウマウマする権利はあるって言ってんだよ」
???「ウマ・・・ウマ? 何を言っているのかわからぬ。死を目の前にして狂うたか」
斜メ前田慶次「お前ら東西戦知らねえの?」
???「トウザイ、セン? ええい、もうよいわ! 皆の者! こ奴を斬り捨てい!」
斜メ前田慶次「押し通る!」
???「馬鹿め! 逃がすと思うか! 貴様が逃亡準備に入った瞬間に全員で八方手裏剣をくれてやるわ!」
斜メ前田慶次「俺には東西戦の神がついている。貴様らごときに捕まらんぞ」
???「シュリ」

 男が得意げに行動宣言をしたその瞬間・・・またしても予想外の事態が起こった。

斜メ前田慶次「・・・猪突猛進!」
???「何だと!? それは軍学侍の特化技能のはず! 演舞傾奇の貴様に使えるわけが!」
斜メ前田慶次「フォ~ウ!」
???「・・・ぐはぁっ!!」

 慶次によるまさかの猪突猛進で、通り抜けざまに脾腹を斬り裂かれた男は愕然としたまま片膝をつくこととなった。

斜メ前田慶次「あばよ!」
???「・・・くそっ! 追え! 逃がすな!」

 柳沢慎吾のモノマネをしながら得意げに走り去って行く慶次の背中へ追撃命令を出したときにはすでに遅かったようで、編み笠剣士たちの繰り出した刃はとうとう慶次の身体に達することはなかった。暗殺は失敗に終わったのである。

???「・・・カチる? ウマウマ? トウザイ? 演舞のくせに猪突猛進? 一体、何ごとが起こっているというのだ・・・?」

 アンテナの低いこの男のことは放っておくとして・・・今日はひとまずカチッてみることにしました。報酬もやっぱり重要ですからね、ええ。

2014061801.jpg

 しかし去年の東西戦も含めて、まだまだやり残したことはたくさんあります。明日辺りから本格的に動きたいところです。それでは今日の日記はこの辺で。
Date: 2014.06.18
Category: 信on
Comments (0)Trackbacks (0)

東西戦初日に陰陽師7の巻

 というわけで、早速東西戦に参加してきました。最初は東軍・天にて演舞7で募集していたのですが、演舞の数が少なすぎて断念し、陰陽師7に募集を変更。対人戦を一回、武将を三体やってきました。

2014061105.jpg

2014061104.jpg

 6vs7で始まった対人戦は惜しくも敗退。しかし手ごたえを感じた一戦ではありました。その後は武将を三体やって解散。いずれも勝利に終わり、ほっと胸を撫で下ろす斜メ前田慶次の中の人でありました。

2014061101.jpg

2014061102.jpg

2014061103.jpg

 やっぱり陰陽師7は強いですね。武将を安定して落とせます。この次、どの職でやるかはまだ決めていませんが、とりあえず今週の金曜あたりにまたやろうと思っています。敵の皆さま、味方の皆さま、東西合戦場の「天」にてまたお会いしましょう。それでは今日の日記はこの辺で。
Date: 2014.06.12
Category: 信on
Comments (0)Trackbacks (0)

平成26年度の東西戦についてメモ

 無残にも右耳の鼓膜を破られた翌日の朝。慶次が朝食の膳につくと、何と肝心要の朝食が用意されていない。慶次は苛立ちを抑えながら、ドラえもん・零式を自室へと呼び寄せた。

      _____
    / -、 -、   \
   /   |  ・|・  | 、    \
  / / `-●-′ \    ヽ    
  |/ ── |  ──   ヽ   |  
  |. ── |  ──    |   |  
  | ── |  ──     |   l
  ヽ (__|____  / /
   \           / /
    l━━(零)━━━━┥

ドラえもん・零式「・・・何だい、朝っぱらから」
斜メ前田慶次「何だい、じゃねえだろ。朝メシはどうしたんだよ」
ドラえもん・零式「ないよ」
斜メ前田慶次「何でだよ」
ドラえもん・零式「作るのが面倒臭かったからだよ」
斜メ前田慶次「・・・・・・」

 ここにきて、とうとう慶次がブチギレた。

斜メ前田慶次「面倒だから、じゃねえだろ! テメエは主夫だろうが!!」
ドラえもん・零式「・・・・・・」
斜メ前田慶次「やることをやれ! 誰の金で食ってると思ってんだ! 俺はニートを養う気はねえぞ!!」
ドラえもん・零式「・・・・・・」
斜メ前田慶次「何とか言え! コラ!!」

 このままダンマリを決め込むのかと思われたその瞬間・・・何とドラえもん・零式が予想外の行動に出た。



『アナと雪の女王』 Let It Go

ドラえもん・零式「ありの~ままの~姿見せるのよ~♪」
斜メ前田慶次「!?」
ドラえもん・零式「ありの~ままの~自分になるの~♪」
斜メ前田慶次「・・・おい、何いきなり歌い出してんだよ」
ドラえもん・零式「何も~怖くない~♪ 風よ吹け~♪」
斜メ前田慶次「ふざけてんのか! 歌って誤魔化そうとしても無駄だ!」

 ミュージカル映画などにおいて、ストーリーに何の脈絡もない場面で突然登場人物が歌い出すシーンがあるが、ドラえもん・零式はまさにその手法で、この場を逃れんとしていた。歌って誤魔化し、わけのわからない雰囲気に持ってゆき、最終的に自分が会話の主導権を握る・・・現実に通用するかどうかはわからないが、例えばキャバクラに行っていたことが細君にバレたときなどに、試しに使ってみると良いかもしれない。ひょっとしたら突破口を開けるかもしれないからだ。

 これはリアルに限らず、例えば信オンの徒党時に重大なミスを犯したときなどや、各勢力での会議において失言してしまい、他の参加者に問い詰められたときなどにも同様であると言える。そのときに備え、あらかじめミュージカルマクロを組んでおけば完璧である。読者諸兄には是非一度試して頂きたい。もっとも私はやらないが。

ドラえもん・零式「少しも寒くないわ♪」
斜メ前田慶次「人の話を聞け! コラ!!」
ドラえもん・零式「チャッチャッチャラチャチャ~チャラチャチャ~♪」

 ドラえもん・零式がようやく歌い終わった頃・・・呆れかえった慶次はとっくに自室を後にし、茶店で朝飯を注文していたという。

 ・・・というわけで、今日のブログの内容には何の関係もありませんが、今年の東西戦についてちょっとメモ帳代わりにこの場を使わせて頂きます。

--------------------------------

•プレイヤーは東軍と西軍のいずれかに参加して、合戦を行います。
※東軍と西軍の人数差が50人以上になっている合戦場では、人数の少ないほうの陣営にしか参加できません。
•一度陣営を選択すると、その合戦が終了するまで反対の陣営には参加できません。
•合戦終了時に東軍と西軍の各戦果が集計され、総合戦果の多い陣営が勝利します。
•勝利陣営に参加していたプレイヤーは、NPC“幽玄の翁”に話し掛けると手柄を1000獲得できます

•徒党を組めます。
•“転生・壱”等の、生き返らせる効果を持つ野外技能は使用できません。
•《功名帳》は使用できません。《功名帳手柄》は獲得できません。
•全てのプレイヤーキャラクターについて、合戦場に入るとレベル70相当の能力に補正されます。
•合戦場に入る際に選択した特化及び、上級心得目録、共通技能目録の技能を、全て覚えた状態となります。

◆“万能武器”で他特化の技能も使えます

 合戦では“万能武器”を利用できます。これは自職や自特化の技能に加えて、他特化の技能と上級心得技能から任意で1つを使用できる武器です。技能の組み合わせを考えて、これまでにない戦術を生み出してみてはいかがでしょうか。

※万能武器の受け取り時に他特化を選択でき、ここで選択した他特化の技能と上級心得技能から1つを使用できるようになります。
※万能武器には、自動発動技能と奥義は設定できません。
※万能武器は、何度でも技能を設定し直せます。

--------------------------------

 ば、万能武器・・・だと・・・!?
Date: 2014.06.11
Category: メモ書き
Comments (2)Trackbacks (0)

東西戦、来たれりの巻

 入梅を迎え、鬱陶しい雨の日が続いていたこの日。慶次は縁側に座り込み、自身の耳糞をほじくることに腐心していた。

斜メ前田慶次「・・・くそ! なかなか・・・出てこねえな・・・」

 右の耳の穴の奥に、取れそうで取れない耳糞の塊があるのだろう。竹製の耳かきを不器用な手つきで操っては一人愚痴をこぼしていた。

      _____
    / -、 -、   \
   /   |  ・|・  | 、    \
  / / `-●-′ \    ヽ    
  |/ ── |  ──   ヽ   |  
  |. ── |  ──    |   |  
  | ── |  ──     |   l
  ヽ (__|____  / /
   \           / /
    l━━(零)━━━━┥

ドラえもん・零式「・・・慶次君」

 そこに慶次宅の売り子兼主夫を務めているドラえもん・零式の登場である。

斜メ前田慶次「何だよ、今忙しいんだよ」
ドラえもん・零式「耳掃除なんかしている場合かい。今年もいよいよアレが開催されるんだよ」
斜メ前田慶次「気が散る。話しかけるな・・・あと・・・あともうちょいなんだ・・・」
ドラえもん・零式「いいから、聞きたまえ。今年はどうするつもりなんだい?」
斜メ前田慶次「うるせえな。今集中してんだよ。話しかけんじゃねえ」

 全く自分の話を聞こうとしない慶次に対し、ドラえもん・零式は強行手段に出ることにした。まずは耳かきに夢中になっている慶次のすぐそばまで、音を立てないようにして擦り寄る。続けて、

斜メ前田慶次「・・・おっ・・・おっ・・・」

 操っている耳かきの先に手ごたえを感じたのか、少し興奮気味になっている慶次の肘の高さまで自身の右手を上げる。身長差があるため、このときドラえもん・零式は片膝立ちになっている。巧みに気配を消していることが功を奏しているのか、慶次はドラえもん・零式の接近に全く気が付いていない。

斜メ前田慶次「・・・おおっ・・・うっ・・・」

 慶次がうっとりした表情で耳糞を掻き出そうとした瞬間のことであった。

ドラえもん・零式「せいっ!」
斜メ前田慶次「・・・ぶぐっ!!」

 何と、慶次が操っている耳かきの梵天部分を掌底で小突いたのであった。それまで外耳部分にあった耳かきの先端が一気に鼓膜を突き破る結果となり、慶次は悶絶した。

斜メ前田慶次「・・・ぐああああああーーーーーっ!!」
ドラえもん・零式「人の話を聞かない人間に鼓膜はいらない」
斜メ前田慶次「・・・あぎっ・・・! あがっ・・・!」

 このとき慶次の右耳からはかなりの量の血が流れ出ていたが、それがより一層ドラえもん・零式のサディスティックを燃え上がらせる結果となった。

ドラえもん・零式「右の頬をぶたれたら、左の頬を差しだしなさい、って言葉があるよね・・・! もっとも僕は無宗教だけど・・・!」
斜メ前田慶次「・・・み・・・耳がっ・・・! 耳がァッ・・!」
ドラえもん・零式「さあ・・・左耳も・・・! 差し出してもらおうか・・・! 僕はドラえもん・零式・・・妥協を知らない男だ・・・!」
斜メ前田慶次「・・・わ・・・わかった・・・! 話を聞くからやめろ・・・マジで痛え・・・!」 
ドラえもん・零式「ほう、じゃあ言うよ。あまり時間がないからね」
斜メ前田慶次「・・・うぐっ・・・ぐっ・・・!」 
ドラえもん・零式「いよいよ、今週の水曜日から東西戦が開幕される。去年やり残したことをやり遂げるチャンスがやって来たんだよ」

 ・・・ドラえもん・零式が言うとおり、今年も東西戦の季節がやって来ました。確か去年は演舞7、召喚7などをやった記憶があるのですが、今年も時間が許す限り『何とか7』で暴れ回りたいと思っています。初回はやっぱり演舞7ですかね。何しろ慶次が演舞傾奇なので。

 ちなみに初日の日程は6月11日の夜9時かららしいです。もし当日、何とか7に出くわしたら、その徒党の党首は私かもしれません。それでは今日の日記はこの辺で。
Date: 2014.06.11
Category: 信on
Comments (2)Trackbacks (0)
プロフィール
信長の野望online真紅武田家で活動中 &相互リンク・無断リンク募集中です。

斜メ前田慶次

Author:斜メ前田慶次

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。